FC2ブログ

ワク○ンによる対処はベストではない by シリウス高等評議会の長老





ワク○ンによる対処はベストではない by シリウス高等評議会の長老


まあ、隠語を使うような内容ではないんですけれど(^^)


昨今は、コロちゃん、ワクちゃんに関しても、二極化していますね。


よく言われている、自分自身で感じて、考えて、判断しよう、という事が求められているのかもしれません。


例えば、フィジカルには、ソーシャルディスタンス、マスク、ワクチンをしていては、集団免疫ができないという説があります。


逆に、集団免疫をつくる為に、みんながワクチンを打つべきという説もありますよね。


311のときは、放射能にかんする専門分野の学者たちの中で二極化しました。


なので、専門ではない人びとは、もっと困惑しました。


たぶん学者たちは、政治が絡んでも絡まなくても、もし我が強い人が多ければ二極化したことでしょう。


でも、あれから日本人のみならず、世界中の人びとの意識は、少し進化したのではないかとおもいましたが、どうでしょう。



スピ系の中でもさまざまです。


霊能力が開けていると言われている人たちの複数に、同じ名前の神様や同じ名前の他星人が降りても、その霊能力者によって、伝える内容が異なるので、一般の我々の解釈が分かれたりします。


3次元の感覚で、その上の次元はなかなか分かりにくいですね。




シリウス高等評議会の長老によると



今回は並木良和さんが、アクセスしたシリウス高等評議会の長老からのメッセージです。


ちなみに並木さんは以前にアシュタール(色んな人に降りて、今や地球ではかなり有名^^)からのメッセージを伝えていた事があります。


でも今回はシリウス、プレアデスの高等評議会の長老の一人だ、とおっしゃっていましたね。



コロナを軽んじているわけではなく、と並木さんが前置きしていましたが、


長老さん曰くは、


我々の意識が変わらない限り、コロナを問題だと捉えられている所からは抜け出せない。


ワクチンで対応するという事は、新種のウイルスや変異種を作る元になってしまう、なのでワクチンはベストな解決にはならない。


根本的な解決としては、我々の意識を変えることだ。


(フィジカルには、免疫力を高める生活もしたいですね)


我々がいままでのインフルエンザに特別恐がっていなかったように、コロナに関してもそういう意識でいるのが良い。


なぜならこれは来年も再来年もつづく、これは預言ではなく事実だ、、、と長老が伝えているそうです。



ここで、アインシュタインの言葉も出ており、”問題を解決する時は、その問題と同じ次元にいては解決ができない”とのこと。


(な~るほどですね)



ご興味がある方は動画を直接ご覧になって下さいね♪ それほど長くないですよ。




ここではコロナの正体とか、ワクちゃんの実状がどうとか、そういった事はおっしゃっていません。



やはりワタシの意識、我々の集合意識が、世の現状に影響していくし、自分の人生にもまた然りですね。


あとは5月中旬からエネルギーが加速するので、吹っ飛ばされないように、センタリングとグラウンディングをしっかりやる。


そして限られた中であっても人生を楽しくする工夫をするのが大切とのことです。(なぜなら2021年にはいって、怒りや諦めといった感情が増していて、地球人の光が少なくなっている)


楽しい事をすると、波動が上がり、光が増してきます。



今回はこの辺で~。


読んでくださり、ありがとうございます!!




にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村



ランキングしています!応援のクリック頂けると励みになります☆
ありがとうございます!


《このブログでのポリシーについて》




スポンサーサイト



春爛漫- あの八重桜を絵にしてみた



春爛漫- あの八重桜を絵にしてみた




先日友人が送ってくれたステキな八重桜の写真を観ていたら、目が離せなくなるくらいに魅せられ、というか、温かい気持ちになりました。


春爛漫、春真っ盛り、感謝だなあ~、なつかしいなあ~、幸せだなあ~、とそんな気持ちにも。


前回の記事→ふるさとは 花びらの


ひさしぶりに、絵を描きたいという思いが乱れ咲いたので、描いてみました。 笑



写真をアップにして、それを参考に、自分から湧いてくるイメージで、鉛筆を走らせた。

yaee1s.png



水彩絵の具ペンと水ペンとをこすり合わせて、薄めた色を全体にのせていく。

yaee2s.png



ピンクにみせたい部分に少しだけ濃い色をおいていく。ドキドキしながら。汗

紙は漫画家さんがつかうケント紙と同じ質感の、Too Copic です。とっても描きやすくて気に入ってます。裏うつりは滅多にしないし、気持ちイイです。参考に貼っておきますね。

Too コピック

yaee3s.png



葉っぱやツボミにも薄い色をおくと、全体に手が行き渡った感じで、妙にホッとする。

yaee5s.png



写真でちょっと覗いていた青空。今回は思いきってベタ塗りっぽくした。メインの花を浮き彫りにしたい。

yaee6s.png



葉っぱに茶系の色をちょっと足す。葉っぱ描くの楽しいけどドキドキ。汗

yaee7s.png



水彩絵の具ペンでベタ塗りした空。まだらなのを色鉛筆で色を補充し、まだらを少し慣らす。。。あまり変わんなかったかなあ?まあいいや。

yaee9s.png



アクリル絵の具の白を、花びらの白い部分におき、何となく光とかツヤ感を出したい。ワタシは白を使うのがすごく楽しいんです。

ちなみに後ろにあるのがアクリル絵の具の白で、もう10年位前からある。笑 在る物はできるだけ無くなるまで使うタイプ、、、当時の事情で大きいのを買ったんですが、なかなか無くならないです~

でも白にも色々あるので、気が向いたら画材店に行って他の白もゲットするかも。

yaee10s.png



緑系の絵の具ペンと水ペンをこすり合わせて、薄い色を足す。なぜ二つをこすり合わせて使うかというと、濃い色を置いた直後に水をつけてもあまり薄まらないんですわ。

で、水をつけた後に絵の具ペンの素の色をのせると、にじみます。にじませる絵のときはいい感じです。でも私は薄めた色をのせたいので、ペンの毛の色を薄めたあとに紙につけます。

yaee10s2.png



やはりワタシは光とかトーラス(エネルギーの動き)を、絵を目にした方々に感じて欲しいので、絵の具ペンセットに入っていた蛍光力の黄色を水ペンで薄めて、絵に入れました。観ても分からない程度です。笑

今使っている絵の具ペンセットも貼っておくので興味のある方はチェックしてみてね。(24色, 48色, 72色がある)

VACNITE 水彩毛筆 カラー筆ペン 24色+水ペン

yaee12s.png



さらに白を足していく~。 ちなみにパレット上の他の色は、洗っても取れなくなった昔のアクリル絵の具です。^^;

yaee13s.png



出来上がりとしましょう~☆

yaee14s.png



あの八重桜の写真を観た時に、ワタシは温かい懐かしいエネルギー体が、花の奥から呼びかけてくれているような感じがしたんです。

なので、温かいものを表現したいなあとおもいながら描きました。技術はまだまだですが、楽しく丁寧に描いてみました~!

yaee15s.png



yaee16s.png



yaee17s.png



画像が 逆さがあったり、縦にすべきが横になっていたりでゴメンサナイ!

yaee18s.png



花がどんどん起き上がる季節、人間も目醒めやすい季節かもしれませんね。自然さん、ありがとう~!


皆さんもお散歩時や通勤時に、目にするお花や草木があると思います。


きっとステキなエネルギーをくれているのでしょうね。(^-^)



にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村



ランキングしています!応援のクリック頂けると励みになります☆
ありがとうございます!


《このブログでのポリシーについて》




ふるさとは 花びらの



ふるさとは 花びらの




英語ブログのほうで、大好きな'名探偵コナン’


についての記事に時間がかかってしまい、


こちらがご無沙汰となっていました。


あの漫画もワタシ的には、今の時世を


20年以上前から青山先生が示唆していたかの


ような作品に仕上がっていると感じます。


よければこちらのブログも覗いて見てやって下さいまし↓


Case Closed Season 1 & 2, The main story summary




昨日、晴れやかな気分で起きたら、友人が


おうちの素敵な八重桜の写真を送ってくれました。


yae1.png

私はここにお花の良き妖精か天使がいるように感じてなりません。いつまででも眺めてたくなります。


yae2.png

本当に満の開ですね!


yae3.png

ご褒美がぶらさがっていて、"はいどうぞ、観てね~”って声をかけてくれてる、そんな気がしました。(^-^)♪
 

北カリフォルニアは春まっ盛りです。(*^ ^*)


そこで一句、いえ、一詩よみました 笑




ふるさとは 花びらの



花びらの向こうに 挨拶したら


すっと 懐かしい世界に入った


”たまに いらっしゃいな” と


温神(あたたかみ)さまが いう





温神(温かみ・あたたかみ)は、アメノミナカヌシノカミ以前の、


というか、始まりの神?を表現しているようです。


これは、神道に関するユーチューブを発信


しておられる、羽賀ヒカル先生が、お師匠さんの


'北極老人’さんからおそわったとのことでした。



又、コメットハンターであり、死亡体験者でもある


木内鶴彦さんは、最初の宇宙の始まりは、


あたかも合掌の手をほんのちょっとずらした


ときに発生するかのような、微風のような


エネルギーの動きだった、のように表現して


おられましたね~。


'あたたかみ’'温かみ’という始まりの神


(エネルギー)も、温かさ(愛)で何かが


微かに動き出した ――


しっくりきたので、ここでその呼び名を使わせて


いただきました。



皆さんも、すてきな春 をおすごしくださいね。





にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村



ランキングしています!応援のクリック頂けると励みになります☆
ありがとうございます!


《このブログでのポリシーについて》



御霊信仰(怨霊信仰)は日本だけ?




御霊信仰(怨霊信仰)は日本だけ?



怨霊を神として祀る?!


日本には色々な神様を祀っていますよね。


ご存知のように日本は怨霊も神として祀っているのです。


とくに、日本三大怨霊と言われている、菅原道真公、平将門公、崇徳天皇。


私は以前は、明らかに人間だった存在を神に?っと違和感をもっていました。


まあでも、八百万の神々だって、同じ神でも霊界での存在(~尊)と、人間として生きた存在(~命)とがいらして、その両方ともを神として祀っているのですから。


また、たとえば靖国神社は、国ために殉教した方々の霊を祭っていますが、あくまでも先祖に手を合わせるという意味で、何となく納得していました。


でも三大怨霊と言われる方々を、神として祭るのが、よく分かりませんでしたね。


この方々は、ただ先祖として手を合わせるレベルのエネルギー体じゃない。。。でも神?っと。


アメリカ人が、「日本では戦で恨みをもって亡くなった人を神にして信仰するの?!」 と、顔をしかめて理解できないのは無理もないです。


アメリカでなら、きっと古くからの悪霊として忌み嫌うか、悪魔祓いを頼みそうです。



御霊信仰(怨霊信仰)は国を守るため


どうして怨霊を神として祀るのか?


それは国やその町をを守ることになるといいます。


え?え??と、それでも以前は理解できませんでした。日本はカルトなのか?


これはリュウ博士こと、八木龍平先生の言葉によって、私は腑に落とす事ができました。


“日本には大昔から、政治的な闘争で負けた存在を祀るという習慣がありました。


中国歴史のように敗北した側を殺して、その国を終わらせるのではなく、日本は日本を続けるのですね。


そのために、負けたほうをむしろ敬意を持って神様として祀りました。


(人間はみんな神、神のわけ御霊を頂いている存在、という考えから)



でもなぜ祀る?


負けた怨念、怨霊というエネルギーは強く重く残ります。


強いエネルギーは環境を動かす、、、今の時代でいう引き寄せの法則なんていうのも、つよい念願が実現してしまうというのと同じですね。


その怨霊を祀りつづけるうちに、そのエネルギーは徐々に変わっていきます。


それは、‘恨みを国土に残さない’ということにつながっていくんですね。


恨みが残ると、国力が下がります。


でもかなり時間がかかるようです。


それで今もなお、神として祀り続けているということだそうですよ。



自分の怨霊を信仰しよう?


リュウ博士は、あなた自身の怨霊を信仰してください、とおっしゃっていました。


え、それはどういうことって思いますよね? (汗)



不幸になる一番の原因は


人が不幸だと感じる一番の原因って、何だと思いますか?


ある研究結果で、それは、“納得できない過去をもっている” だと分かったそうです。


それをいつまでも引きずっている人が、不幸な人生だと感じているのです。


たしかに、なるほどですよねえ。


そのエネルギーは強ければ強いほど、その人の人生は下がっていくし、周りにも影響を与えてしまいます。


なので、その強い思いを鎮める祈りをつづけます。


そしてできればその強い思いのエネルギーを、破壊的ではなく創造的なエネルギーに変化させていく。


これは三大怨霊でも、個人レベルでも、確かに同じ事がいえますよねー。


我々も小さな怨霊を持っていますからね。


怨霊を自分の中に持ち続けていると自分が壊れてしまう。


そのエネルギーをマイナスからゼロへ、そしてプラスへ傾けていく。


という事で、自分の怨霊も信仰する、ということでしたよ。


その怨霊も神だと。



なんか難しいなあって最初は思いましたけど、その怨霊なる思いをただ否定するのではなく、まず受け止めて自分自身で鎮め、前向きなエネルギー源へと変えていく。


ちなみにリュウ博士の場合は、神社参拝してその怨霊をスッキリさせているそうです。


でも私はアメリカ暮らしで神社にはいけないので、自宅で瞑想ですね。


たぶん場所は神社に限らずどこでも、無になるとか祈るとかで、大丈夫ではないでしょうかね。


神とか、怨霊とか、信仰とか、やはりエネルギーであり、前向きなエネルギーワークにしようということだなと思うと、いつの間にか日本の御霊信仰 (怨霊信仰)が腑に落ちました。


日本の伝統、習慣、文化とかって、哲学的なんだなあと個人的には感じました。



今回はここまでです~。ありがとうございました!




よければこんな記事も読んでね!↓


鬼にエサを喰らわせるな!




にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村



ランキングしています!応援のクリック頂けると励みになります☆
ありがとうございます!


《このブログでのポリシーについて》





覚醒しなくても愛があるほうが神(ヒトラーさえ覚醒していたのだから)




覚醒しなくても愛があるほうが神(ヒトラーさえ覚醒していたのだから)



引用と参考:

 <わたし>



羽賀ヒカルさん 神社チャンネル(動画)

→ 覚醒とは?その絶対条件について



覚醒した、悟った、次元上昇した人が、愛ある人とは限らない


最近は、長年の闇(支配層)の騙しに気づいたとか、洗脳から目ざめたとか、そういう人びとが世界に増えたと思います。


それはとてつもない快挙ではないでしょうか?!


しかしそれを心配する人々もいます。スピ系の先生達の中には、我々の集合意識には昨年から引きつづいている不安や恐怖に、今年は‘怒り’がプラスされていると、警告をしています。


そうです、我々の集合意識が世の中の環境を動かすので、ネガティブなエネルギーが充満すれば天災が起きたり、その度合いが増したりしてしまう危険性があるからです。


なので、世の中の知らなかった裏に気づいた、は一種の目醒めではあるものの、ただ気づいただけでは怒りや恨みなどが湧くので、エネルギー的にはけして良いわけではないのです。


平安な世界に引きあがるには、ほんとうの意味での目醒めをしよう、という感じだそうです。




ヒトラーは、大勢の地球人より覚醒した段階にいた


これは昔聞いた事があったのですが、そんなバカな~と信じられませんでした。


でも上記の羽賀ヒカルさんの説明を聞きながら、ああそういうことだったのかと、少し納得できたのでした。


インド哲学を用いて羽賀さんは説明していますが、ヒトラーは覚醒の段階は2.0のレベルだったみたいですね。


一般の地球人の中では、より 神とか宇宙のすばらしさを体感し、二元論の分離した世界からもっとワンネスに近づいた体感をしていたらしいヒトラー。


しかし尊い人の命についての分別とか、道徳心のようなものはなかったようでした。


シンプルにいって、一般人より覚醒していても、思いやりに乏しい人だったんですねー。



又、ドクターホーキンズの本にもありましたが、イエスや釈迦くらいのレベルに覚醒した多くのアバターたちは、この世と縁をたち山にこもって修業の生活をしたとか。


それはこの地球に生まれながら、悟りを開いたことで、この世のモノを絶ちたくなり、一人はなれた場所で生きているのです。


それもいいかもしれません。でもちなみにイエスや釈迦は覚醒、悟った上に、一生懸命に良い事を人々に伝えていきました。


ヒンズー的に彼らは4.0や5.0のレベルに達していたらしいですが、とんでもないレベルに覚醒してもなお、自分だけの平安な空間を求めずに、周りに幸福なエネルギーを伝えまくっていたのです。


これぞ尊敬!ですね~。愛とか思いやりが深かったのですね。


とんでもないレベルに覚醒し、そして愛までとんでもなく深かった!


私は人間として生きたイエスや釈迦を、あまり夢物語のような神格化で表現したくはないのですが、でも人間みんなが神なのですから、彼らはやっぱり神々の中のお兄さん達ですね。(^^)



神々とは地球外生命体かもしれないが


‘神’の定義は人それぞれですね。


大元の神(はじまりの神)を巨大なエネルギーと捉える人、それに温かみのあるエネルギーとして擬人化して捉える人、そこから派生したもう少し身近な存在を擬人化し霊的存在(ハイヤーセルフとか天使とか)として捉える人、我々よりも高度な文明を持った宇宙人(地球外生命体)だったと捉える人もいます。


古代の何か尊い人間のことも神と捉える人もいます。


私としては、そのどれもが正解だと思っています。


神々などいなかった、仏像や絵に残っている如来や菩薩や明神は、じつは全て地球外生命体で、良い存在と悪い存在がいた、と言う人もいますね。


古代の地球人はよくわからなくて、地球人より明らかに優れた能力を持った、その全てのすごい存在を神々と思ってしまった、、、っと捉える人もいます。


確かに大昔からこの地球には、多種類のエイリアンがきており、ネガティブエイリアンも沢山きていた(いる)みたいですからねー。




より高い次元の存在が神?いいえ!


今コロナの陰で退治している、その悪鬼らは、4次元の存在です。


我々よりも高い次元の生き物ですが、とても神とは呼べないですよね。


例えもっと高い次元から来た存在でも、温かかみの薄い存在は、私は神とは呼びません。


でも、ハイヤーセルフとかのレベルの存在でも、しっかりと大元神の愛を受けつぎ伝えてくれる存在は、私は大きくくくって、神と呼んでもいいと考えています。(大元エネルギーとか大元神という存在の代理さんたちですからね~)


あなたは、あなたの神の定義づけをしていいと思うのです。




愛が深い存在は神と呼んで良いのでは?


愛が深い人を、「まるであの人は神様のようだ」とか言いますよね。


そういうものだと思います。


霊的存在やご先祖様たちも、世界や国のために一生懸命がんばった、人々の幸せのために良い教えを残してくれた、そういう存在は、神と呼ぶカテゴリに入れて良いのではないでしょうかねー。


宇宙の真理を悟っていなくても、覚醒していなくても、愛が深く思いやりがあり、周りの人に笑顔で接し親切な人は、私は神様の大きな名簿にその方々の名前を連ねたいですね!



今回はこの辺で終わります。ありがとうございました~



こちらの記事もよければ読んでくださいね~。

666が外に出てきた!369が出てくる



にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村



ランキングしています!応援のクリック頂けると励みになります☆
ありがとうございます!


《このブログでのポリシーについて》





Profile

ハナブキテン

Author:ハナブキテン
今よりもっと幸せになる、自分でできる日常のヒーリング、目醒めていく、などについて書かせて頂いております。そのなかで宇宙歴史を掘り探ったり、絵を描いたり、アメリカでの子育て失敗成功談なんかも書いています。いつも西の海を向いて日本の幸せを念じながら、魂修業する40才+∞のオバチャンです~。

カテゴリ
フリーエリア
cherie H -10000円以上の購入で送料無料・限定ノベルティあるそうですよ♪
Monthly archive
Latest journals
私をうみ変えた著者たち
************************ ************************ ************************* 言霊のかなりマニアックな本↓ ***************************2020年になって出会えた方→ ***********************非常に興味がわく本↓
Link
Powered by FC2 BLOG

Let's start blogging!!

Powered by FC2 Blog

Display RSS link.