FC2ブログ

はじめに笑みありき!9.俺らが一番



ハナブキの 宇宙の物語 番外編1.光線と稲妻
ハナブキの 宇宙の物語 番外編2.先輩と後輩
ハナブキの 宇宙の物語 番外編3.土星のジュース説
ハナブキの 宇宙の物語 番外編4.男と女って?
ハナブキの 宇宙の物語 番外編5.賭けをやろうぜ
漫画タッチで ワットとビブレの出会い
ハナブキの 宇宙の物語 番外編6.デカイわ
(↓番外編6.から続いています)
はじめに笑みありき!1.見当がついたのさ
はじめに笑みありき!2.ニガショッパー
はじめに笑みありき!3.何かがシュンッと
はじめに笑みありき!4.コノシマツ
はじめに笑みありき!5.吸いながら見下ろすので
はじめに笑みありき!6.お捧げ
はじめに笑みありき!7.ビブレ、違うぞ
はじめに笑みありき!8.なんで?誰?

 
Hikari-no-ko



つづき




「はじめに笑みありき!9.俺らが一番」




以前ワットとビブレに出くわしたオロロン鳥はというと、


北海道の天売島に戻って、仲間と語り合っていた。


オロロン「おう、調子はどうよ。」


仲間1「ぼちぼちだな。相変わらず海に潜って


巧みにイカやシシャモを捕ってるさ。ほれ。」


仲間にシシャモを見せられたオロロンは、本能的に


食らいつきそうになるのを理性で押さえた。


オロロン「海も素敵だけどよ、やっぱり俺ら鳥の特権は、


空を飛ぶ事だと、つくづく思うワケよ。」


仲間1「そりゃそうだろさ。」


オロロン「うりゃーーー!」


オロロンは、海中のシシャモに突然突進して


巧みにくわえて浮上し、また岩へ上がってきた。


仲間1「お、そっちのデカいな!」


オロロン「俺んだかんな!んで先日な、かなりカッコよく


高ーい空へと一人でくり出したんだ。」


仲間1「ほうー、どうだった、上は?」


オロロン「高く上がれば上がるほど、空気が澄んでさ、


俺はこのまま昇天するのかとさえ思ったもんだ。」


仲間1「それは、いい経験したな。」


次の瞬間、オロロンはシシャモを勢いに任せて突いてしまったので、


うっかりシシャモを海へ落としてしまった。


仲間1は、本能的にそれを追いかけたが、間に合わなかった。


オロロン「いいってば!でな、上ですげーヘンテコな生き物に


出くわしちまってよーー!」


オロロンは、頭がかゆくなり、くちばしではとどかないので、


イライラしながら頭を横にひねって体に擦り付けた。


仲間1「どんなん?俺らの食い物にならないやつ?」


オロロン「でええー、あんなん食ったら、お陀仏だ。」


オロロンはもっと激しく頭を擦り付ける。


仲間1「人間みたいのか?」


オロロン「もっと変なのだったぞ。片方は俺のことを


弟子神と間違え、もう片方は、人間と違えやがった。!」


仲間1「失礼な奴らだなあ。人間とか?!」


オロロン「俺が間違いを諭してやったがな。」


仲間1「でかした。鳥脳の器を思い知っただろうよ。」


オロロン「アイツらは、特殊な人間を探してるんだ。


その絵を見せられて、つくづく創造主様のデザインセンス


は、理解に難しいと思ったよ。」


仲間1は、鳥能力でその画像を見る。


仲間1「俺らは鳥能力で、海外の情報も結構入るけど、


アレも人間だったのか。」


オロロン「まあ、結局の所、空、陸、海と、そこそこイケる


俺らオロロン鳥軍団が、一番なんでないかい?!」


2羽は大きくうなずき合った。


そしてまた本能に任せて、エサを求めて海に突っ込んでいった。




つづく




~~~~
歴史の真実がどうあれ、今の私達がするべき事は

変わりません。楽しく幸せに生きながら・魂レベルを

あげること。笑顔で天国側の言葉を使い、

周りの人に親切にすること。
~~~~~~~~


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村



ランキングしています!応援のクリック頂けると励みになります☆

スポンサーサイト



はじめに笑みありき!8.なんで?誰?



ハナブキの 宇宙の物語 番外編1.光線と稲妻
ハナブキの 宇宙の物語 番外編2.先輩と後輩
ハナブキの 宇宙の物語 番外編3.土星のジュース説
ハナブキの 宇宙の物語 番外編4.男と女って?
ハナブキの 宇宙の物語 番外編5.賭けをやろうぜ
漫画タッチで ワットとビブレの出会い
ハナブキの 宇宙の物語 番外編6.デカイわ
(↓番外編6.から続いています)
はじめに笑みありき!1.見当がついたのさ
はじめに笑みありき!2.ニガショッパー
はじめに笑みありき!3.何かがシュンッと
はじめに笑みありき!4.コノシマツ
はじめに笑みありき!5.吸いながら見下ろすので
はじめに笑みありき!6.お捧げ
はじめに笑みありき!7.ビブレ、違うぞ

 
Hikari-no-ko



つづき




「はじめに笑みありき!8.なんで?誰?」




ワットとビブレも、体を元々の自分らのモードに


少し戻すと、酔いはさめた。


レ6「さて、私は、地上に少し対処した後、


他のレの神々に合流しなければならない。」


ビブレ「ははー。我等はミナミアメリカへ向かいまする!」


ワット「ミナミアメリカにも美味しいジュースあるかな~。」


ビブレ「飲みに行くんじゃないぞ。修行に行くんだ。地球人と


出会うんだ。」


ワット「さっきのジュースも良かったけどサー、やっぱ


土星ジュースは忘れられない味ね、ね、レ6様。」


ビブレ「そういうもんすか、レ6様?」


レ6「え?えー、まあ。」


ニガショッパーいジュースより、アマズッパーい


ジュースの方が好きなんて、気恥ずかしくて言えない、


と思う、まだまだ未熟な神、レ6であった。



レ6に見送られ、ワットとビブレは、南南西へと出発した。


レ6「さてと、地上の人間達をどうするか、、、。」


レ6は暫くそこに居たが、何か腑に落ちないような


気がした。


レ6「あの二人、何でわざわざミナミアメリカへ?


地球人なら、この下にも居るのに。」



ワットとビブレは、すいすいと飛行中。


ビブレ「そういえばよ、ワット。」


ワット「なあに~?」


ビブレ「さっきレ6様とおめぇが飲んでたジュース、


ってか、誰がでっかい建造物建てるって?」


ワット「『違うぞビブレ、修行が足りん』って言ってた話のね?」


ビブレ「おめぇはなー!ちったーヒトを良い気持ちにさせる


事を言えねえか?」


ワット「、、、ごめんなさい。」


ビブレ「あ、え?スポンと素直にあやまられっと、


調子くずれるなぁ。」


ワット「、、、これ、ワットの修業が足りんのトコだ。」


ビブレ「時々、おめぇには面食らうなあ。チビなんだか


大人なんだか分からん。」


ワット「で、誰が建造物を、だっけ?」


ビブレ「おお、そうだった。誰なんだ?」


ワット「、、、もしかして地球人??」


二人、考える。


ビブレ「いや、違うっしょ。だってほら、地球人は


ミナミアメリカに。」


ワット「そうだよねー。じゃ、誰のことだったんだろね。」



レ6、まださっきの場所に止まっている。


レ6「いったいあの二人は、何でミナミアメリカに、、、?」




つづく




~~~~
歴史の真実がどうあれ、今の私達がするべき事は

変わりません。楽しく幸せに生きながら・魂レベルを

あげること。笑顔で天国側の言葉を使い、

周りの人に親切にすること。
~~~~~~~~


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村



ランキングしています!応援のクリック頂けると励みになります☆

はじめに笑みありき!7.ビブレ、違うぞ



ハナブキの 宇宙の物語 番外編1.光線と稲妻
ハナブキの 宇宙の物語 番外編2.先輩と後輩
ハナブキの 宇宙の物語 番外編3.土星のジュース説
ハナブキの 宇宙の物語 番外編4.男と女って?
ハナブキの 宇宙の物語 番外編5.賭けをやろうぜ
漫画タッチで ワットとビブレの出会い
ハナブキの 宇宙の物語 番外編6.デカイわ
(↓番外編6.から続いています)
はじめに笑みありき!1.見当がついたのさ
はじめに笑みありき!2.ニガショッパー
はじめに笑みありき!3.何かがシュンッと
はじめに笑みありき!4.コノシマツ
はじめに笑みありき!5.吸いながら見下ろすので
はじめに笑みありき!6.お捧げ

 
Hikari-no-ko



つづき



「はじめに笑みありき!7.ビブレ、違うぞ」



レ6とワット、ブドウ酒に酔っ払って、口がゆるむ。


ワット「レヘヘ~~。」


レ6「レヘヘ~、まいったな~♪」


二人の口からブドウ酒がダララ~落ちるので、


下方のビブレにかかりまくる。


ビブレ「ワーイ、洗礼だー洗礼だー♪」


ビブレの口にもブドウ酒が入り、ハイになっている。


突然レ6がバランスを崩し、地上へ向かって真っ逆さま。


レ6「レの神、ばんざーい!って、えへへ~??」


ビブレ「レ6様~?、、、おおお??」


ビブレ、やばさを悟り、急いでレ6を追うが、、、


レ6「来るなーーー!」


何層もの雲を突っ切って、レ6は落ちていった。


ワットとビブレは、呆然としている。



――地上では、


村人「おおおー、ア、アレはーー!?」


村人「お捧げしたぶどう酒に喜ばれた神がお姿をーー!!」


赤紫色のぶどう酒が日の光を浴びて、キラキラ散っている。


それにまみれて落ちてくるレ6は、


レ6「ッジャスッ!」


地上300メートル辺りで、上へ引き返した。


村人「神が、神が天へお戻りになるぞぉ!」


村人「オンタマタマヤー、オンタマタマハー、、、」


レ6は、何層もの雲を突き上がり、


ワットとビブレの所に戻った。


ビブレ「ら、らい丈夫れすかっ?」


ワット「レヘヘ~。」


レ6「すんでの所で、レのモードにアジャストした。」


ビブレ「はー、さふが!レはま(様)。」


レ6「参ったな。またデッカイ建造物造りだすな。


うっかりヨロケテ落ちただけなんだが。」」



地上では――


村長「なんと神々しいお姿じゃった!みなの者、


神が降臨した特別なるこの地に、神の宮を建てよう!!」


村人「おおーー!」


ビブレ「ま、いんじゃないっすか。それはそれで。」


ワット「楽しそうならいんじゃない?」


レ6「そうなのだが。たまに大きな犠牲を伴ってでも


造ろうとする者達もいてな。」


ビブレ「このビブレ分かります。神様の為に~


という気持ち。」


レ6「それは少し違うぞビブレ。大元も我ら弟子の神々も、


犠牲は好まんし、罰も与えないのだ。それがある頃から


何となく信じられるようになってしまった。」


ビブレ「神の為に犠牲となれとか、物事できなければ


神が罰を与える、とかっすか?」


レ6「フム、、、」


ワット「そうだ違うぞビブレ、修行足りんろ~、修行~。」


ビブレ「って、話は進んだんだ。もうそこじゃないからっ!」




つづく




~~~~
歴史の真実がどうあれ、今の私達がするべき事は

変わりません。楽しく幸せに生きながら・魂レベルを

あげること。笑顔で天国側の言葉を使い、

周りの人に親切にすること。
~~~~~~~~


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村



ランキングしています!応援のクリック頂けると励みになります☆

はじめに笑みありき!6.お捧げ



ハナブキの 宇宙の物語 番外編1.光線と稲妻
ハナブキの 宇宙の物語 番外編2.先輩と後輩
ハナブキの 宇宙の物語 番外編3.土星のジュース説
ハナブキの 宇宙の物語 番外編4.男と女って?
ハナブキの 宇宙の物語 番外編5.賭けをやろうぜ
漫画タッチで ワットとビブレの出会い
ハナブキの 宇宙の物語 番外編6.デカイわ
(↓番外編6.から続いています)
はじめに笑みありき!1.見当がついたのさ
はじめに笑みありき!2.ニガショッパー
はじめに笑みありき!3.何かがシュンッと
はじめに笑みありき!4.コノシマツ
はじめに笑みありき!5.吸いながら見下ろすので

 
Hikari-no-ko



つづき



「はじめに笑みありき!6.お捧げ」



「レの神々」の一人であるレ6と再会したワットとビブレ。


ワット「ボビヒーレ(おいしーね)。」


レ6「ブクブク(うんうん)。」


しゃべる間も惜しいほど、飲みまくるレ6とワット。


ワット「べロ、ロヘービュースラ、モッモモヒヒーベ


(でも、土星ジュースはもっと美味しいね)。」


レ6「ベ?ブ、ブク(え?う、うん)。」


ビブレ、下方でジュースの洗礼を受けながら


二人の会話を理解する。


ビブレ「惑星ジュースは大元(大元の神)が、


愛する弟子の神々達へ、激励の意味で作られた


と、ワットから聞きました。」


ワット「ボンラアビバ、マジメレ(こんな味は初めて)。」


レ6、これは人間が作ったジュースだと言いそびれるが、


ま、いっかと、ひたすら飲み続ける。


ビブレ「クールなあ、レ6様は。」


レ6、ポーズだけはキメといて、飲み続ける。


ビブレ「しっかし美しくも長ーいストローよな。」


雲に隠れて見えない地上を見下ろす三人。



――地上では地球人のどよめく声。


村人1「おおおー、見よ、神にお捧げした果物から汁が


天へあがって行くぞ!」


村人2「キラキラと2本の直線になって登っていく!」


村長「奇跡じゃ。天は我らの捧げ物をとって下さった。


ほら、だれか、あれをここへ!あれも捧げよう!」


村民「おー!!」



――上空の三人は、暫くそこで留まっている。


ビブレ「このビブレ、ワットを指導し、見事に


ミナミアメリカなる地で、記念すべき地球人との


初遭遇を果たして参ります。」


レ6「ブクブク(うんうん)。」


ワット「ボーポッポべー、ビブベ(もうちょっとねー、ビブレ)。」



暫くして、レ6が踊り出した。ワットも踊り出した。


ビブレ「おお初めて拝見する神の舞。我らの出発に、


お力を分けて下すっているのか!」


ワット「レへへ~、レヘヘ~。」


レ6「レヘヘ~、しまったな、アレだ~。」


二人とも集中力が落ち、飲むのをやめた。


レ6「アレ出してきたナ~地球人。清めや医療には良いん


らけろサ~。ドリンクとしては、ちょっっとレへへ~。」


地上では、村人たちが長年熟成させた、とっておきの


ブドウ酒が、お捧げ用の瓶に注がれている。




つづく




~~~~
歴史の真実がどうあれ、今の私達がするべき事は

変わりません。楽しく幸せに生きながら・魂レベルを

あげること。笑顔で天国側の言葉を使い、

周りの人に親切にすること。
~~~~~~~~


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村



ランキングしています!応援のクリック頂けると励みになります☆

はじめに笑みありき!5.吸いながら見下ろすので



ハナブキの 宇宙の物語 番外編1.光線と稲妻
ハナブキの 宇宙の物語 番外編2.先輩と後輩
ハナブキの 宇宙の物語 番外編3.土星のジュース説
ハナブキの 宇宙の物語 番外編4.男と女って?
ハナブキの 宇宙の物語 番外編5.賭けをやろうぜ
漫画タッチで ワットとビブレの出会い
ハナブキの 宇宙の物語 番外編6.デカイわ
(↓番外編6.から続いています)
はじめに笑みありき!1.見当がついたのさ
はじめに笑みありき!2.ニガショッパー
はじめに笑みありき!3.何かがシュンッと
はじめに笑みありき!4.コノシマツ

 
Hikari-no-ko



つづき




「はじめに笑みありき!5.吸いながら見下ろすので」



ビブレ「ドント・マインド!オーエスオーエス!」


ビブレ、オロロン鳥を神々の一人と信じ込んで、


拝したりなんだりした事を、忘れてしまいたくて必死。


ワット「オーエスって、どんな意味?」


ビブレ「エンヤーエンヤー。」


ワット「え、それは?」


ビブレ「ノコッター、ノコッター。」


ワット「 ・ ・ ・ 」


ビブレ「いんだよ、なんでもォ。」


ワット「地球語?」


ビブレ「そうだ。講習会で習ったんだ。」


ワット「何かの暗号だね、ね?!」


ビブレ「勇者の言葉らしい。力が湧くぜ。」


ワット「オロローン、オロローン。」


ビブレ「うっせー。言うな!」


ワット「あの鳥さんはそう叫んで行ったよ。」


ビブレ「んじゃ、それ言ってみー。力なんか出るかっ!」


ワット「でもあの子、ピュアでカワユラシカッタけど。」


ビブレ「、、、おう。」




ビブレ「とにかくだ。ミナミアメリカっつうとこへ。」


ワット「どっちの方角行けばいい?」


ビブレ「えーっと、、、」


ビブレ、突然長い棒状の物に当たる。


ビブレ「テエーーーッ!何モンだー?!」


ワット「長ーーーぃ。」


ワットとビブレ、長い棒の先、上空を見上げる。


レ6「あ、失敬。」


レ6は、土星から早々と地球へ戻り、ダイヤストローを


どこかに突っ込んで、美味しそうに吸いこんでいる。


ワット「ヒャー、何?美味しいの~?!」


レ6「格別である。ワット殿もいかがか?」


ワット「うん、飲むーー!」


ワットは、いとも簡単にレ6とお友達になった。


ビブレ「せ、せ、先日は、大変ご無礼を~~。」


レ6「もう私達の正体を知ってしまいましたか。」


ビブレ、頭を地に、いや、空中に擦りつけるように


謝罪。


レ6「さすが、ビブレ殿だ。」


ビブレ「殿はお止め下さいまし。」


美味しそうに何かに吸い付きながら、上空から


自分を見下ろしている神々のお一人、レ6に、


ビブレは、迷いなく尊敬の眼差しを送る。


ワット、他のストローを借り、レ6と並んで吸い付く。


ワット「ヒャー、格別ー。」


レ6「ところでビブレ殿とワット殿は、どのあたりへ


上陸する予定ですか?」


ワット「チュパー♪ミナミアメリカっちゅーとこよ。」


ワットは飲みながらしゃべったので、ジュースが


下方のビブレにかかる。


ビブレ、レ6とワットを見上げ、


ビブレ「レ6様、このビブレに洗礼をくだすった。」


感極まるビブレを、レ6とワットは、あいかわらず


ジュースを吸いながら見下ろしている。


レ6「ほう、それならば一つお教えしましょう。」


レ6も口からジュースが出て、ビブレにかかる。


レ6「ここは日本国、北海道の上空だ。まず南南西へ


地球ビブレ速で、0.2秒ほど行かれよ。そこらで


◎◎神社を見つける。その上空から東の方角を


ボーっと眺めるがよろしい。他の神々がつけた


航路が見えるはず。それを辿っていけば


ミナミアメリカだ。」


長く語ったので、レ6の口から、ズブズブとジュースが。




つづく




~~~~
歴史の真実がどうあれ、今の私達がするべき事は

変わりません。楽しく幸せに生きながら・魂レベルを

あげること。笑顔で天国側の言葉を使い、

周りの人に親切にすること。
~~~~~~~~


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村



ランキングしています!応援のクリック頂けると励みになります☆

はじめに笑みありき!4.コノシマツ



ハナブキの 宇宙の物語 番外編1.光線と稲妻
ハナブキの 宇宙の物語 番外編2.先輩と後輩
ハナブキの 宇宙の物語 番外編3.土星のジュース説
ハナブキの 宇宙の物語 番外編4.男と女って?
ハナブキの 宇宙の物語 番外編5.賭けをやろうぜ
漫画タッチで ワットとビブレの出会い
ハナブキの 宇宙の物語 番外編6.デカイわ
(↓番外編6.から続いています)
はじめに笑みありき!1.見当がついたのさ
はじめに笑みありき!2.ニガショッパー
はじめに笑みありき!3.何かがシュンッと

 
Hikari-no-ko



つづき




「はじめに笑みありき!4.コノシマツ」




ワット、早くも体をコントロールし始める。


ワット「とーりゃああああ!」


ビブレ「お、おいっ、今の神々様っすか?っすか?


このビブレ、二度と失態はない!超ジュースにも


お呼ばれするぞー!」


ワット、ダッシュで‘何か’を追う。


ワット「ちょっと、まってよーー♪」


‘何か’は、追われているのに気づいて逃げる。


ワット「ストップ、ストップー!」


何か「ソーイワレテモ。オワレタラ、ニゲル。」


ワット「ヒャー♪しゃべったー、地球人!」


何か「ヘ?イマナンテ??」


ワット「地球語ってそういうのなんだー。」


何か「チ、チガウシ。」


ワット「草履ィィィ!」


ワットの草履をタンタンすると、倍速になる。


見事‘何か’に追いついた。


ワット「なんか可愛い。ワットより小さいのね。」


‘何か’は迷惑そうな顔。


ビブレも追いつき、


ビブレ「えと、貴方様も神々様のお一人で?」


何か「(ぎょっとして)チガウ。」


ビブレ「いいんですって。このビブレ、貴方様の


お立場は悟っておりまする!」


と、ビブレ拝する。


何か「メンドウダ。マ、イイカ。」


ワット「違うよぉ~。神々の一人じゃないよ~。


地球人っしょ?アナタ。」


何か「イヤ、ソレチガウッテ。」


ワット「いいんです。このワット、貴方様の


お立場は悟っておりまする~!」


何か「コノ2人、ウットーシイナ。コッチハ、


モウスコシデ、食事ノ ジカン ダッタノニ。」


ビブレ「手前、ビブレと申します。この小さい方は


ワット。貴方様のお名前を是非。」


何か「オロロン。」


ビブレ「オロロン様は何を司る神様で?」


何か「モッパラ、食事ヲ オイカケル。」


ビブレ、良く分かってないが、感心する。


ワット「ビブレ、違うってば、この子は地球人よ。


ワットが先に見つけたよ~ん。」


ビブレ「フッフ、愚か者め。おめえは何にも分かってねえな。


地球人とはこのようなお姿じゃないんだよ。」


ワット「じゃあ、どんな姿?」


ビブレ「先回出会った神々様のお話覚えてねえか?


あの方々は地球人が生まれるのをサポートしてるって。


だからな、地球人はあの方々そっくりなんさ。」


ワット「へーー、そっか。んじゃアナタは?」


ビブレ「だから、神、、、」


何か「ダカラ、オロロン鳥。鳥ナンダッテ。」


ビブレ、講習会で習った事を思い出し、


ビブレ「・ ・ ・」


ワット「じゃあ、こういう姿の子は、どこ行ったらいる?」


ワット、オロロン鳥に、空中に絵を描いて見せる。


オロロン鳥「コノヘンニハ、イナイ。ミナミアメリカニ、


イッテミロ。イッパイ アエルゾ」


ワットとビブレは、オロロン鳥さんに頭を下げ、別れる。


オロロン鳥「ハー、ヘンナノニ、ツカマッチマッタモンダ。


チョット ガンバッテ タカク トンダラ、コノシマツダ。」


オロロン鳥;日本では、北海道の天売島、焼尻島
あたりに生息してるヨ。
北大西洋、北太平洋、北極海に広く分布するヨ。


つづく




~~~~
歴史の真実がどうあれ、今の私達がするべき事は

変わりません。楽しく幸せに生きながら・魂レベルを

あげること。笑顔で天国側の言葉を使い、

周りの人に親切にすること。
~~~~~~~~


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村



ランキングしています!応援のクリック頂けると励みになります☆

はじめに笑みありき!3.何かがシュンッと



ハナブキの 宇宙の物語 番外編1.光線と稲妻
ハナブキの 宇宙の物語 番外編2.先輩と後輩
ハナブキの 宇宙の物語 番外編3.土星のジュース説
ハナブキの 宇宙の物語 番外編4.男と女って?
ハナブキの 宇宙の物語 番外編5.賭けをやろうぜ
漫画タッチで ワットとビブレの出会い
ハナブキの 宇宙の物語 番外編6.デカイわ
(↓番外編6.から続いています)
はじめに笑みありき!1.見当がついたのさ
はじめに笑みありき!2.ニガショッパー

 
Hikari-no-ko



つづき




「はじめに笑みありき!3.何かがシュンッと」




ワットとビブレ、地球モードに体をアジャストする。


ワット「フエ~~、体が重たくなった~。」


ビブレ「た、たしかにぃ。ここに体あり~~って感じ。」


ワット「いつでも飲みには行けなさそうだね。」


ビブレ「土星にか?」


ワット「やん、そんくらいは楽勝っしょ!」


ビブレ「まあ。んじゃ、どこの事よ?」


ワット「出発点の近く。神々御用達、本家本元の、


その名も、『超ジュース』、だよ。あれ、土星のの


10倍美味しいよねーー♪」


ビブレ「、、、、ビブレ様は飲んだことない。」


ワットは、はて?という顔をした後、


ワット「ふぅ~ん、ふんふん。」


ビブレ「なに?なに悟ってんだ、ちょっと!」


ワット「あ、アジャスト完了ー!普通っぽくなった。」


ビブレ「トピック変えたな!」


ワット「そういえば、神様が、地球のいつの時代に到着するか、


計画立てながら進みなさいっておっしゃったでしょ?」


ビブレ「おうよ、任せておけ。その辺は、このビブレ様が――」


ワット「ワット、地球人が生まれる前に行ってみたいな。」


ビブレ「えーーー?!却下。」


ワット「じゃあ、地球人が初めて生まれたとき。」


ビブレ「んーー、そこは多分あとでな。時を逆に、か。


考えとくわ。今はな――」


その時、何かがシュンッと、二人を横切った。


ワット「とりゃあーー!」


ワットは、瞬間移動でその‘何か’をつかまえようとしたが、


体を上手くあやつれない。


ビブレ「こらっ、か、神々様だったり、、、?」


ワット「テヘヘ、この賭け、ワットの勝ちさね。」




つづく




~~~~
歴史の真実がどうあれ、今の私達がするべき事は

変わりません。楽しく幸せに生きながら・魂レベルを

あげること。笑顔で天国側の言葉を使い、

周りの人に親切にすること。
~~~~~~~~


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村



ランキングしています!応援のクリック頂けると励みになります☆

はじめに笑みありき!2.ニガショッパー



ハナブキの 宇宙の物語 番外編1.光線と稲妻
ハナブキの 宇宙の物語 番外編2.先輩と後輩
ハナブキの 宇宙の物語 番外編3.土星のジュース説
ハナブキの 宇宙の物語 番外編4.男と女って?
ハナブキの 宇宙の物語 番外編5.賭けをやろうぜ
漫画タッチで ワットとビブレの出会い
ハナブキの 宇宙の物語 番外編6.デカイわ
(↓番外編6.から続いています)
はじめに笑みありき!1.見当がついたのさ

 
Hikari-no-ko



つづき



「はじめに笑みありき!2.ニガショッパー」



そういえば、土星に向かった‘レ’という神々は、、、。


レ1「土星はいつ見ても綺麗だな。」


レ2「地球人にはアイドル的な惑星だしな。」


レ3「この辺からっしょ。よし、差し込め。」


皆で、超長ダイヤストローを土星の中心めがけ


打ち込む。そして吸い出す。飲む。


レ4「っわ、やばっ、うまっ!神ィ~?♪」


レ5「んん~ん、これや、この味やー!」


レ6は、ヘンな顔をして、


レ6「これ、ジュースなん?」


レ7「、、、もしかして、地球ナイズされたね。」


レ1「これ、地球的に言ったら、ニガクて塩カライ、だ。」


レ6「私、アマイとかスッパ系が良くなっちゃったわ。」


レ2「ジュースは、やっぱり、ニガショッパー!だろ。」


レ3「想像してみい、ニガクてショッパーイ、ジュース♪」


レ4「や、聞いただけで、唾液出るわあ~♪」


レ5「さあ、みんな、せっかく来たんだから、


記念写真も撮りましょ!」


レ6「う~、私は口直しに、もっかい地球行ってくる。」


他のレ達「さあ、土産分も抽出してこーなあ♪♪」




一方、地球の大気を降下するワットとビブレ。


ビブレ「おっと、忘れてた。アジャストすんぞ。」


ワット、不規則飛行をして遊んでいる。


ビブレ「この辺で止まって、目ェつぶれ。」


ワット「ワットが目をつぶってるスキに、


先に地球人見つけるっていう魂胆しょ?」


ビブレ「やりかねないのは、そっちじゃ。我らがな、


地球へ足を踏み入れる為には、ボディを少し


地球モードにアジャストする必要があんだ!」


ワット「ワットは充分カワイイから、これでいんじゃない?」


ビブレ「そういう事じゃないからっ!例えば地球ならでは


の空間や時間ていうのがあってな、それに対応できる


ボディにしとくんさ。」


ワット「ワット、それもう夢でやったし。」


ビブレ「前から聞こうと思ったけど、おめぇの夢は、


起きてるのと一緒か?都合良過ぎの夢か?」


ワット「イタズラ坊主のワットだから、神様に


‘起き夢の術’かけられた。そこで色々教わった。」


ビブレ「学習と睡眠、一度でできるって?神様はなぜに、


このビブレにもかけてくださらんかったのかぁーー!」



つづく



~~~~
歴史の真実がどうあれ、今の私達がするべき事は

変わりません。楽しく幸せに生きながら魂レベルを

あげること。笑顔で天国側の言葉を使い、

周りの人に親切にすること。
~~~~~~~~


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村



ランキングしています!応援のクリック頂けると励みになります☆

はじめに笑みありき!1.見当がついたのさ



ハナブキの 宇宙の物語 番外編1.光線と稲妻
ハナブキの 宇宙の物語 番外編2.先輩と後輩
ハナブキの 宇宙の物語 番外編3.土星のジュース説
ハナブキの 宇宙の物語 番外編4.男と女って?
ハナブキの 宇宙の物語 番外編5.賭けをやろうぜ
漫画タッチで ワットとビブレの出会い
ハナブキの 宇宙の物語 番外編6.デカイわ

 
Hikari-no-ko



※「ハナブキの宇宙の物語 番外編6.デカイわ」の

続きが↓下記のタイトルになりました。




「はじめに笑みありき!1.見当がついたのさ」




ワットの連れ、ビブレは、ボディーと態度がデカイ。


だが、大元の神と神々に対しては、めっぽう弱かった。


ちなみにワットは、誰に対しても自然体、、、過ぎる。



ビブレ「ど、どーしましょ。神々様達だったとは。」


ワット「これも修業修業ってなー♪」


ビブレ「おめぇも後で超叱られっぞ。


神々様に対して『大義であった』だあ?!


どの口が言うんだ、どの口が!」


ワット「ビブレも、『おうよ』だって、神々様に。」


ビブレ「思い出させるな!このビブレ、


神々様達との遭遇は、初めてだったんだ。


しゃーないだろ!」



いいや、違う。


ビブレは今までに沢山の神々と遭遇していたのだが、


本人がただ悟らなかっただけである。


なんせ、古代宇宙には、神々と言える存在は、


たーくさん、いらしたのだから。


ワットとビブレは、宇宙空間と地球の大気の狭間で


止まっている。



ビブレ「地球で立派に修業を果たし、


共に面目を立てるべし、ワットよ!」


ワット「ねー、賭けの賞品って何くれる~?」


ビブレ「たーわけ。賞品を心配するのは、


1千億年早いわっ。まずおめぇも、このビブレ様も、


地球人の姿を知らないだろ?講習会でも教えてく


れなかったしな。しかし実はな、、、」


ワット「ワットは、えーとね、えーとね、さっきの


神々様の顔のお面が欲しい!」


ビブレ「人の話をきけ!しかもイヤミの使い方まで


習ったてかー?」


ワット「地球の核にジュースあるかなあ。」


ビブレ「、、、あるかも。神々様の中には、地球内部に


入ってみた方々もいると聞いたことがある。、、、って


さっきの話だけどなー、実はな」


ワット「もう大気に突っ込んじゃおうよ~。ワット行く!」


ビブレ「おいこら待て、たーわけー!、、、ふん、実はな、


このビブレ様は、地球人がどんな姿をしているのか


見当がついたのさ。でもアイツは知らない、フッフ。」



こうして二人は地球という星へ入っていったのだった。



つづく



~~~~
歴史の真実がどうあれ、今の私達がするべき事は

変わりません。楽しく幸せに生きながら魂レベルを

あげること。笑顔で天国側の言葉を使い、

周りの人に親切にすること。
~~~~~~~~


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村



ランキングしています!応援のクリック頂けると励みになります☆

Profile

ハナブキテン

Author:ハナブキテン
今よりもっと幸せになる、自分でできる日常のヒーリング、目醒めていく、などについて書かせて頂いております。そのなかで宇宙歴史を掘り探ったり、絵を描いたり、アメリカでの子育て失敗成功談なんかも書いています。いつも西の海を向いて日本の幸せを念じながら、魂修業する40才+∞のオバチャンです~。

カテゴリ
Monthly archive
Latest journals
私をうみ変えた著者たち
************************ ************************ ************************* 言霊のかなりマニアックな本↓ ***************************2020年になって出会えた方→ ***********************非常に興味がわく本↓
Link
Powered by FC2 BLOG

Let's start blogging!!

Powered by FC2 Blog

Display RSS link.