FC2ブログ

手を当てる手当て

 私事、心臓パクパク症状のことですみません。
 不整脈は小学校3年生か4年生の運動会のリレーの選手を決めるのに走った時から始まりました。
 走った後。
 ドキ、ドキ、ドキン、ピタ(一瞬止まる)、グルグルッ、ドキ、ドキン、ピタ、ゴロゴロッ、、、、
 こんな感じでした。
 当時、いやだ―私の心臓なんかへんー!と、思いつづけ、でも平気で運動もできた。
 結婚して一人目を妊娠した頃からか、不整脈が現れると、貧血になり、目の前がピカピカで緑っぽく見えるようになると、
苦しくて歩けなくなる。冷や汗が出る。過去数回検査したけど、ドクターは特別な問題はない、とおっしゃる。
 運動後というわけでもない、急いでいる時、あせった時等、不整脈が現れる。
 時々、思ったように身動きとれないとイライラする。
「なんでこうなんだー!」
と心臓を叩いたり、、、。

 モー太が4年生か5年生の時、私が家で、心臓がパクパクで仕事がはかどらなく、寝転んでイライラして泣いていた時、

「僕が手を当ててやるよ」

と、私の心臓の上に軽く手を当てた。すると、なんと心臓の鼓動が直ぐに正常に戻った。
 私も彼もスゴク喜んだ。
 でも次の時は、そうそう簡単には正常に戻らなく、モー太は苦笑。
 そううまくいくものじゃないんでしょうね。
 もし皆簡単に出来たら皆お互いヒーリングし合って、もっと幸せな世の中かも~。
 しかしモー太が、手を当てて (熱かった) 何とかしてあげたいと思ってくれた必死な愛情は、確実に私の心を癒してくれました。

 
 先日また倒れていたら、今度はシマ(夫)が胸に手を当ててくれた。

「私なんかのは効かないよなあ~」

と言いながら、暫く手を当てている。すぐにはあの独特のパクパクが正常になったわけじゃないが、
とても穏かな気分になり、確かに心は癒されてくる。心臓も心成しか、緩やかなパクパクに。
 シマ本人の、何とかパクパクを良くしてあげたいっという気持ちが伝わる。

 手を当てて、その愛情エネルギーで痛みや問題の部分を癒す、と言う所から
「手当てする」という言葉になっているそうです。

 プロのヒーラーさん達は勿論ですが、素人の身内の愛情ある手からも、かなりのパワーが出ているのを
つくづく身体に実感した時でした☆


                                                      
                                                  ランキングしています!応援の
                                                  クリック頂けると幸いです☆



格安、安心国外旅行、自分に合ったプランが探せる


リッチ感あるゆったり日本の旅


スポンサーサイト



Profile

ハナブキテン

Author:ハナブキテン
今よりもっと幸せになる、自分でできる日常のヒーリング、目醒めていく、などについて書かせて頂いております。そのなかで宇宙歴史を掘り探ったり、絵を描いたり、アメリカでの子育て失敗成功談なんかも書いています。いつも西の海を向いて日本の幸せを念じながら、魂修業する40才+∞のオバチャンです~。

カテゴリ
Monthly archive
Latest journals
私をうみ変えた著者たち
************************ ************************ ************************* 言霊のかなりマニアックな本↓ ***************************2020年になって出会えた方→ ***********************非常に興味がわく本↓
Link
Powered by FC2 BLOG

Let's start blogging!!

Powered by FC2 Blog

Display RSS link.