FC2ブログ

オモシロイ記事☆

 昨日たまたまオンモシロ~イ ブログに出会ってしまった。
いや、たまたまじゃなく、そういうものに興味あったから
目に留まったんでしょうね。



 歴史を調べている段階で、、、

 邪馬台国の卑弥呼は男だった可能性がある。
 女を沢山侍らせていた。
男児が生まれるたびに殺していた。
霊能力があって(それは聞いていたが)
国を統治していた。栄えていた。
 邪馬台国は山口県の傍の孤島だったが、
人が行けない海の奥底に遺品と共に
とうに沈んでいる。
 卑弥呼はあまり良い人とは言えなかった、、、。



 どこまでが正しいのかは分かりませんが、
私はちょいショック。卑弥呼には興味があった。
素晴しいイメージを勝手に持っていたので。
         
 まあ、とにかくどこまでが正しいのか、です。


 素人の私には分かりませんが、学校の学問にも出てくる
歴史的に有名な書物も、
何者かの、何らかの意図があって
真実と違うことが書かれてある、、、

っというものが少しずつ出てきてますよね。
 聖書もしかり。しかしどの情報が正しいのかは
本当に定かじゃない。
 残念ですが。

 
 その面白かったブログ自体を完全信じたわけじゃないです。
(書いておられる方も、それを要求してはおられないようです)

 しかし、真実は一つ!「名探偵コナン」じゃないですけど☆

 でもこうだったという事実実態は一つでしょうが、
その時のその人間の動機、事情、そうなった理由などは
他人が正確には分かりようもない事だと思います。

 何が善で何が悪だったなど、他人が、しかも年月が経つにつれ、
そういうことはだんだん曲がる。

‘曲がってしまうもの’です。
オヒレがどんどんつく、白だった物がそのうち真っ赤に変わってたりする。



 だからそんなことはどうでもいい☆
 
 いろんな問題が、
実はこうだった、、、ええ?ビックリ!
でも、そう思わせることがネライで、実はこういう訳だった、
ええ??そんな~踊らされるわ~!!

 踊る必要はない。
 
 こういうご時勢で、いろんなことがおき
いろんなことが暴露され、
いろんな見解が出る。


 そのたびに私は、なにがどうであれ、
神がいようがいまいが、
宇宙人がいようがいまいが、
真実がどうであろうが、

 自分自身がその時その時、
誠実に、自然な思いやりを持って生きていたら
それが何にも変えられることのない
幸せな人生なのでは?っと思うんです。
 
 神様がいるのなら、
宇宙の中心的エネルギーがあるのなら、
カルマがあるのなら、
ご先祖様の因縁うんぬんあるのなら、

つくづく平等だと最近思います。


 無理を伴って犠牲して善行をなそうとする人がいます。
何かの因縁が晴れる、軽くなると思います。

 でももし、無理の中に、無意識にカッタルイナという思いや、
これをやらないと災いが、と恐怖心でやっていたりしたら、
因縁が軽くなったはずが、
新しい悪因縁?カルマ?をそこで生んじゃうことになるのでは?
 無理が生じると、どこかでそれが突き出ます。



 ある精神医学博士の話によれば、
‘他の為に自ら犠牲を払う’のは、
良い意識エネルギーとはかぎらないようです。

 当人はいいかもしれないが、もし
家族や周りの理解なく、自分の希望で犠牲になるのなら、
家族や周りのエネルギーを下げる、とのこと。
‘他の為世の為になる’という当人の
希望と反対のエネルギーを撒き散らす状態になる
可能性が大だそうです―――


 自然に湧き出る思いやりで、誠実に生活をしていくのが
もっともっと強くて良いパワーを無意識に
撒き散らしているんじゃないかと
最近思います☆


 周りで台風が起きればおきるほど、
一点に気持ちが静かに納まる。


 そういう気がシマス
、、、年かな?(笑)☆☆

   
ランキングしています!応援の
クリック頂けると幸いです☆

スポンサーサイト



Profile

ハナブキテン

Author:ハナブキテン
今よりもっと幸せになる、自分でできる日常のヒーリング、目醒めていく、などについて書かせて頂いております。そのなかで宇宙歴史を掘り探ったり、絵を描いたり、アメリカでの子育て失敗成功談なんかも書いています。いつも西の海を向いて日本の幸せを念じながら、魂修業する40才+∞のオバチャンです~。

カテゴリ
Monthly archive
Latest journals
私をうみ変えた著者たち
************************ ************************ ************************* 言霊のかなりマニアックな本↓ ***************************2020年になって出会えた方→ ***********************非常に興味がわく本↓
Link
Powered by FC2 BLOG

Let's start blogging!!

Powered by FC2 Blog

Display RSS link.