FC2ブログ

歴史の真実は どこかへ、、、

 小学生のとき、クラスメートの間で

 「夜、音楽室に行った子が、
ベートーヴェンの写真(絵のコピーなんだけど)から
ポタポタと涙が流れてたって。
で、朝、音楽室にいった子が、
床がビシャビシャにぬれていた
って言ってたよ」

とか、

「モーツアルトの写真の顔の向きが、
時々違うんだって」

とか、

「バッハが嫌がってるらしく、
写真が何度もはがれ落ちるんだって」

などという、コワイ?うわさ話があった。


 結構どこの学校でも似たような話が広がるようです☆



 小学生のとき、音楽室に沢山はってある
歴史に名を残した音楽家、作曲家の肖像画を見て、

「この人はホントにこんな感じの人
だったのかなあ、、、
だったらモーツアルトがカッコいいなあ」


なんて思った事を思い出す。


 でもその後モーツアルトの映画を見て、


「ええ!!??こういう人だったのか~~?
信じられない、あの写真(絵)のイメージと
ぜんぜんちがうなあ。ショックー」


と思った。(私の勝手なイメージなんだけどネ)

 映画も事実をどれだけ表現してるかは
分からないけど。



 ベートーヴェン(の肖像画)も、
実物とどのくらい近いのか、、、。



 過去の人物や事実は、
その人が存在していた真っ只中、
その事実の真っ只中、しか
本当じゃない。
 生きている人の意識の中でどんどん変わってしまう。
 伝え継がれて変わってしまう。


 時々学校で歴史を勉強するのが
むなしくなった。

 今も子供に宿題とかでセッセと
覚えさせるのがむなしくなることもある。



 でもロマンを感じることもある。


 結局生きている人間が、次第に夢物語の歴史にして
語っているようなものなんだろうか?


   
☆いつも訪問してくださり
ありがとうございますー☆

スポンサーサイト



Profile

ハナブキテン

Author:ハナブキテン
今よりもっと幸せになる、自分でできる日常のヒーリング、目醒めていく、などについて書かせて頂いております。そのなかで宇宙歴史を掘り探ったり、絵を描いたり、アメリカでの子育て失敗成功談なんかも書いています。いつも西の海を向いて日本の幸せを念じながら、魂修業する40才+∞のオバチャンです~。

カテゴリ
Monthly archive
Latest journals
私をうみ変えた著者たち
************************ ************************ ************************* 言霊のかなりマニアックな本↓ ***************************2020年になって出会えた方→ ***********************非常に興味がわく本↓
Link
Powered by FC2 BLOG

Let's start blogging!!

Powered by FC2 Blog

Display RSS link.