FC2ブログ

安倍晴明の不思議-2

seimei
☆安倍晴明のイメージ画★



安倍晴明の不思議-2

そもそも陰陽師(おんみょうじ)っていうのは?

一般的には色々言われています。
例えば、字で見て取れるように、宇宙の陰陽五行のエメルギーを生活に取り入れています。
占星術(単に占いではない)、星ぼしの位置と今いる場所を調べ、気(エネルギー)的に最適な町の設計をしたり、当時のカレンダーを司り、政や、儀式、祭りごと等を決めたりしました。

特殊な“術”を習得し、“鬼”(もののけや幽霊、妖怪の類)を祓ったり成仏させたり、消し去ったり?する役割を担いました。当時の人々は、その鬼をとても怖がっていたので、陰陽師はとても頼りになり、ヒーローでもあったようですね。
とりわけ、この安倍晴明は力のある陰陽師として、評価されていたのです。

又、彼らは紙を人型に切り、特殊な言葉を唱え、儀式をして、色んなトラブルをおさめたりしたようですが、安倍晴明は、その人型の紙を使ってか使わないでか定かではないんですが、“式神”を自在に働かせて事を成していたとか。
式神は、今の陰陽師ができるのかどうかはわかりませんが、ある人が「自分もできる。あれは世間で言う“グレイ”で、訓練するんだ」と言ってる人がいます。^^

世間には、出生が定かではない晴明の事を悪く言う人達もいました。なんせ母親が“キツネ”で、父親は分からないと言われていました。謎の出生に加え、母は妖狐という不思議な立場、そしてひときわ腕の立つ陰陽師。

しかし白狐とされている母親は、ある文書の中に、実は巫女で、“葛の葉(くずのは)”という名前(呼び名?)だと書かれています。
そして父親は、安倍 保名となっています。安倍家が引き取ったので、継父です。


でも最近の研究により、どうも本当の父親は、あの首塚で有名な、怨霊をもって江戸の守りとした、平将門(たいらのまさかど)の可能性が強くなってきたと言うのです!
これはオカルトチックな説だといっている学者はまだまだ多いですが。

もし本当に平将門が父親なら、当時としてはそれはやっぱり言えなかったでしょうね。もし明かしたら、息子の晴明も妻の葛の葉も、即打ち首だったでしょう^^;


happa


安倍晴明の不思議-3 に つづく



~~~~
歴史の真実がどうあれ、今の私達がするべき事は

変わりません。楽しく幸せに生きながら魂レベルを

あげること。笑顔で天国側の言葉を使い、

周りの人に親切にすること。

~~~~~~~~
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村



ランキングしています!応援のクリック頂けると励みになります☆


スポンサーサイト



Profile

ハナブキテン

Author:ハナブキテン
今よりもっと幸せになる、自分でできる日常のヒーリング、目醒めていく、などについて書かせて頂いております。そのなかで宇宙歴史を掘り探ったり、絵を描いたり、アメリカでの子育て失敗成功談なんかも書いています。いつも西の海を向いて日本の幸せを念じながら、魂修業する40才+∞のオバチャンです~。

カテゴリ
Monthly archive
Latest journals
私をうみ変えた著者たち
************************ ************************ ************************* 言霊のかなりマニアックな本↓ ***************************2020年になって出会えた方→ ***********************非常に興味がわく本↓
Link
Powered by FC2 BLOG

Let's start blogging!!

Powered by FC2 Blog

Display RSS link.