FC2ブログ

客のほうが”Thank you"ってか?!

アメリカの店には日本じゃ考えられない店員が?

日本で買い物したら、殆どの場合、お金を払ったときに、レジの人が「ありがとうございましたー!」とか、そういう言葉をくれますよね?

え、じゃアメリカはちがうんですかって? いやまあ、基本的には言ってくれますよ。

”Thank you. You have a nice day!" とか ”Thanks! Have a good one." とか、そのような言葉をかけてくれます。

しかし、中には無愛想な店員もいるんですね。人間だから、そういう日もあるでしょう...

っていうか、見るからにやる気なさそうだとか、疲れた~っていうのを遠慮なしに客に見せる店員がいるんですわ。

日本じゃ、例え疲れてても、客にはなるべく見せないようにしますよね?



あんな店員やこんな店員も

ここは特にカリフォルニアなので、様々な人種が暮らしており、人種によっても違いはあります。

あるお国柄では、聞くところによると、”お店側は客が必要としたものを売ってやっているのだ”、という感覚らしいです。

それは文化や習慣の違いなので、すぐに日本の感覚基準で批判するべきではないでよね。

ここでは、大括りでアメリカで見られる店員の姿勢、という事でご紹介します。

まあ、おもろい話っと思ってサラリと聞いて下さいね(^^)



例えばこんな店員も^^

他の店員とジョークを飛ばしながら楽しくレジ作業をするのはとても素晴らしいのだが、目の前の客の顔も見ずに無言でレシートを差し出す。

ため息つきながらレジをして、無言でレシートくれる。

顔見知りの客には身振り手振りで親しく世間話をし、次に客が待っているのに、手を止めてまで話し続けている店員。

(アメリカ人は日本人ほどせかせか急いでいないので、後ろの客はよっぽど急いでいない限り、結構待つ)

あれは絶対人種差別だろっていう態度の店員。

(ちなみに思われがちの、白人が黒人に対し…っていうのは、この辺でしかも店のレジとかでは殆ど無いです。

どちらかといえば、たま~に黄色人種への対応に差別が見られることが。まあアジア人ってやはり異質なのでしょう。

でもホントにたまにですから、心配しないでアメリカ遊びに来てくださいねーw)



           
渡米して間もない日本人からよく出る話は
 え
もし、レジでお金払うときにね、レジの店員もこっちも無言だったら…w

なんか気まずいような変なような、そのまま去るのって、日本人の感覚としちゃ妙な感じしませんか?

だから客としてそこに立っている日本人は、おつり、又はレシートを無言で差し出された時に、こっちから”Thank you."って言っちゃうんですよ。そしたら、その無言だったというかレイジーな店員はあいかわらず無言か、または口を開き ”You are welcome."(どういたしまして)と言うんですゥ~w

その場を去ったあと、日本人の客は、
な~ンで、お客の私の方が「ありがとう」っていうことになるわけ~?!
っという何ともやり切れない、敗北したかのような気分になってしまうのです。(--)私も過去何度もありましたねえ。特に英語に自信が持てない時なら、自分の不甲斐なさゆえだ~!っと自己嫌悪になったり。



いえ、堂々と"Thank you"って言ってあげれば良いんです!

ある時、私は思いなおしましたっというか、悟ったのでした!!!
日本人らしく?相手に普通に小さな感謝としてThank youを言えばいいのだと。「相手へ見返りを求めない素の思いやり」で、言うのです。例え相手が何も言わなくてもいいんです。

もし相手が幼子なら、礼儀がなってなくても許せますよね?

こう言っちゃ立派には聞こえないでしょうが^^; 「ありがとう」と示せる方が“勝ち”です。

(もちろん勝ち負けの問題ではなく、例えですよ。そして逆に傲慢になっちゃダメダメ(><))


それから私は気持ち良く堂々と、笑顔でThank youって言っています。例え相手が無視しようが横柄だろうが、気持ちよいですよ!(^-^)

そうすると普通の相手なら、とってもニコニコしてくれて、Have a nice day! (またはプラスアルファの素敵な言葉も)と言ってくれます。そしたらお互いその日は良い仕事できます!
                                      にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村             ランキングしています!応援のクリック頂けると励みになります☆
スポンサーサイト
カテゴリ
雲隠されていたキネシオロジーと言霊
↓時代の雲に隠されていたキネシオロジー。21世紀に超身近な型となって表われた。個人の幸せの実現が世の中の幸せと直結する。私達は過去の記憶を生き、ライブを生きていなかった事に気づく! ************************* ↓言霊も雲に隠されていた、生きるための強力な道具だった。国語の先生より分かりやすく深く面白く、実用的に言霊の威力を教えてくれる著者。これは彼の最近の本です。
Latest journals
英会話を楽しめる人が増える!
奥村さんの"5歳児英語"感で英会話がめちゃマシになりました! ¥823 ¥1,512
HISクーポン!
Link