FC2ブログ

法隆寺の玉虫厨子 降りてるのはアナタ


法隆寺の玉虫厨子 降りてるのはアナタ



魅せられた絵
 

これは法隆寺に安置されている、


玉虫厨子(たまむしのずし) です。


なつかしいですね~


確か小学校の社会科の時間に、目にしましたよね。



tamamusinozusi2.png
出典: Wikipedia

tamamusinozusi.png

玉虫厨子(たまむしのずし)に描かれた絵のひとつ Wikipedia             


それに描かれた絵のひとつが、上の絵です。


皆さんも記憶に残っているのではないでしょうかねー?



わたしにとって、小学校の時に魅せられた絵です。


今でもたぶん1、2時間は眺めていられます。 笑


今はスマホで見ると、拡大でき、細部をある程度


観れるので、もうありがたいことったらっ!



ちなみに3歳の時に魅せられた絵は、20円で売っていた


お絵かき帳のバレエ漫画の絵。青が美しかった~。


もうひとつは中学の時に出会った萩尾望都の


‘ポーの一族’ などの絵。


まあそんなことはイイとしてです。笑



墜落している菩薩


この絵の解釈はさまざまだと思います。


日本語のWikipediaでは、‘捨身飼虎図’-- 薩た王子(「た」は土篇に「垂」)が飢えた虎の母子に自らの肉体を布施するという物語。


と書かれていました。


英語のWikipediaでの解釈を読んで、ちょっと驚き


ましたが、正しいのかそうでないのかは


私は分かりません。


English Wikipedia
"A bodhisattva hangs his robe upon a tree before offering his life to feed a tigress and her cubs:
Google 翻訳で: 「菩薩は、あばずれ女とその子を養うために命を捧げる前に、ローブを木に掛けます。



私は私の解釈で観賞しようとおもっていましたが、


今までこの絵が伝えようとした意味が分かりませんでした。


でも今朝、また突然、玉虫厨子が思い出され、


涙がでてきたのです。


「ああ、あれは私(あなた)が、天界からあえて地の界


(不自由な世界、真理がよく分からなくなる世界)へ


選択して降りていった、絵だったんだ」と。


作者の真意は分かりませんし、公の解釈というのが


あったかもしれません。(あったと思います)


でも私には、このように感じたんです。


似たような解釈をどこかできいたことがあったんですが、


その時は、しっくり来なくて自分に落とし込む事が


できませんでした。



これは推古天皇が愛用した物とされています。


しかしこれを描いたのは誰だったんでしょう?


その絵の構図をプランしたのは、誰だったんでしょう?


何でこんな絵を描いたのか?他の部分の絵も、


興味ある方は、Wikiを開いてみてみてくださいね。(^-^)



あなたが選んでこの次元へ生まれた


多くのスピリチュアリストたちは、神だった私達は


あえてこの不自由な世界で経験を積み、楽しむために


この世界を選んで生まれてきた、と言いますよね。


以前はそれがなかなか受け入れられなかった時も


ありました。


でも、今はそうだったんだろうな、と思います。



天界に衣だけ残したのは、不思議で、考察の


楽しさがありそうです。笑


落ちていく、いや、降りていく様は、うつくしくて


言葉が出ません。


そして降りた地上では、虎の親子、合計8頭に噛まれて


血まみれになっている菩薩(神)。


超古代のオカルトチックな 笑 芸術品ですね~。



あなた(私)は虎に食いちぎられるかもしれない世界を


選んで生まれたのです。


オカルトですねえ~


天界ではけして経験できない苦しさ、かもしれないですね。


そこで疑問が。



なぜあなた(神)はそんな経験をしたくなったの?


神ってなんでしょう?


鬼(サタンとか)ってなんでしょう?


神と鬼は、兄弟か親子か、夫婦か、親戚でしょうか。


表裏一体、似たモノ同士、サド、マゾ、


どちらが本当に恐ろしいエネルギー体なのか、、、。


また鬼滅の刃のキブツジムザンの言葉が思い出されます。





ツギクニヨリイチ(ムザンが唯一恐くて仕方なかった人間)を


化け物と言った、本当の化け物は自分ではなく


アイツの方だ、と。


まああくまでも創作漫画ですが、今の私たちに問いを


投げかけるおもしろい漫画だと思いました。


本当の怪物は誰?


今のこの世界の悪い鬼、怪物、化け物、妖怪、


人とは思えないゾッとする存在。。。


それは人それぞれ、違うのかもしれないですね。


あなたにとって化け物は誰ですか?


それは本当に悪い化け物ですか?


あなたの神は?


それは、良い神?それとも。。。


天界から降りた菩薩(神)であるあなたは、人食い虎のいる


この世界に生きています。


これから、どんな世界へステップアップしたいですか?


もしかしたら、あなたとあなたの知り合いたちは、


ひとそれぞれ、生きる世界が分かれていく


可能性もありますね。


そして神である あなた(私)は、どんな意図で


この不自由な次元で、美しい地球に、その


経験を積みに来たのか?


これは膨大な考察の余地がありそうですね~。



 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村



ランキングしています!応援のクリック頂けると励みになります☆
ありがとうございます!


《このブログでのポリシーについて》






スポンサーサイト



Profile

ハナブキテン

Author:ハナブキテン
今よりもっと幸せになる、自分でできる日常のヒーリング、目醒めていく、などについて書かせて頂いております。そのなかで宇宙歴史を掘り探ったり、絵を描いたり、アメリカでの子育て失敗成功談なんかも書いています。いつも西の海を向いて日本の幸せを念じながら、魂修業する40才+∞のオバチャンです~。

カテゴリ
Monthly archive
Latest journals
私をうみ変えた著者たち
************************ ************************ ************************* 言霊のかなりマニアックな本↓ ***************************2020年になって出会えた方→ ***********************非常に興味がわく本↓
Link
Powered by FC2 BLOG

Let's start blogging!!

Powered by FC2 Blog

Display RSS link.