FC2ブログ

イマジナル・ワールド(イマジネーションの意ではない)とバレエの由来

 
hikari-no-ko-3



私は物心付いた頃からクラシック・バレエが好きです。


(ちなみにバレーボールも)


しなやかな筋肉、そしてあの独特な衣装、


何よりあのトウシューズ(pointe・ポワント)です。


親が習わせてくれなかったので、観る事や読む事、描く事で


あの魅力を自分につなげ続け、その後の人生にはいつも


頭の隅にクラシック・バレエがあると言えます。


娘がバレエを習っているので、たまに一緒にショーを


観に行くのを自分のごほうびにしています☆



バレエの舞台はまるで中世の油絵のようで陶酔してしまい、


ずっとあの世界に入り込んでいたい、あそこが私の生きて


いる世界なら素敵だな、などと思わされます。



しかしずっと不思議で仕方ないのは、あのポワントです。


けして足のヘルスに良くはできていません。


どうしてこんなのが、歴史に長く続いて、今に至っても


殆ど改良されずに(伝統を守るのは分かるが)いるのかと。



バレエの歴史を調べてみると、勿論ビデオなど


無い時代の事は、数少ない絵が残っているくらいで、


後は言い伝えられた一般的な話しかない、、、


いや、文献として、もしかしたら色々あるのかも。


やはり?メディチ家という名がバレエの歴史に出てきた。



それは置いておいて、バレエというか踊り全般に


いえるのかもしれないが、「この世とあの世をつなぐ架け橋」


「生と死」「死と再生」「異次元とを行き来する儀式?」、、、


そのような言葉が出てくる。


バレエは王子と姫、妖精などが良く出る。


そして、あの役はどういう??という役(キャラクター)が


登場する事が多い。


人なのか、魔法使いなのか、という、


この世と別の世界の架け橋役のような。



今ここに存在するという5次元?の世界とは、


この世では考えられない生物や物、色の世界が


芸術的?なものなのではないだろうか?



今娘をバレエに連れて行くので、また後で。




「ルネサンスとは」につづく




~~~~
歴史の真実がどうあれ、今の私達がするべき事は

変わりません。楽しく幸せに生きながら魂レベルを

あげること。笑顔で天国側の言葉を使い、

周りの人に親切にすること。
~~~~~~~~

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村



ランキングしています!応援のクリック頂けると励みになります☆
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
旅のプラン!今年は10連休
Profile

ハナブキ

Author:ハナブキ
アメリカで家族と自然体で魂修行するキラキラオバサンです☆ 主婦業、執筆業、創作、指圧の仕事をしながら、言霊、英語、走り歩き、バレーボール(数人でレシーブしやっこ)なんかを意識してやってます。他にはクラシックバレエ観賞、歴史や宇宙の謎を探る、身体の未知の部分を探る事も大好きですよ~。軽くゆるく読んでいって下さいね~☆

Latest journals
つかえる英会話スクール*実績と反応で見る
通学とオンライン可。住んでいる地域に関わらず短期で習える英会話スクールを物色! ~~~~~~~~~~~~ 実感!幼児教育は楽しくないと効果が出ない!楽しいと意外なるプラスアルファ効果が見えてくる。覚えやすく忘れやすい幼児に良いもの与えよう。 ********************** ~~~~~~~~~~~~
Link