FC2ブログ

アメリカ人に遠慮すると






アメリカ人は言った言葉をそのまま受け取る

アメリカのここが私の好きな部分でもあります。

まあ、その場、その時によりけり、とも言えますけど。

アメリカ人から例えば、「なにか飲む?」って聞かれ、ホントは欲しいんだけど、さして親しい人でなければ、日本人気質で、お気遣いなく的に、「いや、僕はいいよ」とか、やわらかく「ありがとう、でも結構ですよ」って言っちゃいますよね?

でもアメリカ人にそう言ったら、オウ、オーケー って感じでほんとに出してくれません。

もし欲しかったら、「頂くよ」とか「ありがとう!じゃあ、何か冷たいものでも」 とか言っていいのです(^^)

(一応TPOもふまえ)

本当にいらなかったら、「ありがとう、でもいらないよ」とね。



Are you sure?(ホントに?)

その人との付き合いや、その人のパーソナリティーで、「Are you sure?(ホントに?)」って1回聞いてくる人もいます。

でもしばらく私は、そんなシチュエーションでも、1回断ったんだから聞き返してくれても、「あ、やっぱりください」とは、な~かなか言えませんでしたけどね(笑)。




小瓶のビール1本問題

アメリカに来て間もなく、ボランティアで英会話の練習相手になってくれた女性と、その旦那さまを夕食に招待した事がありました。

行く前に電話が来て、「何か持っていこうか?」と聞かれ、例によって初めは「いいよ、何もいらないよ」って言いました。

でも、「Are you sure?」って聞かれたので、じゃあ、今回はおもいきって何か頼むか~と思い、「あ、じゃあ、ノンアルコールビール好きなので、もしお店で見つけたらお願いします♪」的に言ったのでした。

二人が到着しました。

そうしたら旦那さんが、小ビンのノンアルコールビールを一本、「はい、これ。君が言ってたやつ」って感じでテーブルにトンと置いたのでした。小さいビン一本。。。

正直なところ、その状況をみた私は目を疑いました。



え~と、うちの旦那とあわせて大人4人。彼らがノンアルコールビールが好きでないかもしれない事を考慮しても、え~と、電話でわざわざ「何か持っていこうか?」と聞いてくれたのに、小瓶のビールを一本、おもむろに、トン。。。

これはどう受け止めるべきか~なんて、結構頭を悩ませました。

もし日本にいる日本人的には、大人4人の夕食会へおみやげに小瓶ビールを一本、そのまま片手に持って、テーブルにトン。。。ちょっと無いシチュエーションですよね。


でもここはアメリカ、こういうこともあるのだろう。。。とは思いましたが、でも戸惑いました。

今はそんなことでは驚きませんがね^^



彼らの心を、自分なりに分析してみた

これも学習と思い、あとで考えました。

小瓶のビール一本をくれた、この事実はありがたいことです(^^)

電話で「何か持っていこうか?」とわざわざ聞いてくれた奥さんと、小瓶ビールを一本片手に握り、「はい、これ。君が言ってたやつ」と言った旦那さん。。。


1.ジョークで小瓶一本握ってきた? →でもジョークの雰囲気では全然なかった。

2.英語の下手な私への、旦那さんのちょっとした意地悪? →来た時に、旦那さんの方は何となく不機嫌だったから。

3.そもそも行ったお店にノンアルコールビールが小瓶一本しか置いてなかった? →可能性はあるが、そういう説明は彼らからはなかった。



あ~っとその時、4番目に考えられる原因を思いついたのでした!


4.「I like a none alcoholic beer. If you find it at......that'll be great!」とかなんとか、シドロモドロで言ったんですが、“a”ってつけちゃったかもしれないからで、それで相手は「1本ね、1本好きなんだな」って思ったのかもしれないです。^^;


私は当時は特に、文脈で、ついモノの最初に“a” という音を入れてしまう癖があったのでした。別に一個じゃないときにも。



余談の笑い話ですが

ある時、他の人から「What your name?」っと聞かれ、

あ、Hanabuki」 とか 「I'm a Hanabuki.」っと言って以来、その人は私の事を、

「Ahanabuki」とよび続け、「いや、違う、アハナブキじゃなくて、ハナブキ!」と分かってもらうのに、ややしばらくかかった事がありました(笑)。

似たケースで、ある人に第三者のマークさんの事を話すのに、私は、

The Mark...」と言ってしまったらしく、彼はしばらく「Themark(ザマーク)」と言ってました(汗)。

でも彼の場合は、分かっててジョークでザマークと言っていたのかも。なぜかというと彼の奥さんも日本人だったしね。

ニコニコしてThemark言ってたし。




結論としては~

“a”beerと言ってしまった可能性があるから、相手は一本だけ持ってきたのではと。そして店には小瓶しか売っていなかった。

さらに、もしかしたら相手は「え?ホントに一本だけ欲しいのかなあ?」と一旦は迷ったものの、私の学習の為にも、「あなたの言ったリクエストが1本と聞こえたんだから、1本持って来たよ」、という愛情だったのかもな~、という結論で終結させました!(^^)




アメリカのここが私の好きな部分でもある、と言ったのは

記事の始めに、アメリカのここが私の好きな部分でもある、と言ったのは、

いるならいると言い、いらない時はいらないと言う、素直でシンプルで分かりやすいからです。



日本の わびさび、風流さ、粋、遠慮などの入った問答、かけ合いは、私は素敵で面白いとも思っています。

でも日本にいた頃の自分を振り返ると、相手が「あ、いいよ」「うん、いらないよ」と2回続けたなら、「そう、お?」と結構すんなり信じたタイプでした。

それでアメリカに来た時に、こちらの人々の言葉と行動のかみ合いが、まんまで、最初はちょっと面食らったものの、私に結構合ってるかもなあと感じたのでした。

だから今たまに日本へ帰国したら、逆にちょっと戸惑ったりします。

あれ?この子「いらない」って言ったから、ホントにいらない、のかなああ??っと。(汗)



私はやはり日本人として生きていたいですからね(^^)



追伸:アメリカのビールは小瓶が主流みたいです。私は殆ど酒類を飲まないので、当時は特に分からなく、彼らが持ってきてくれた時、「Thank you. (わ、ちっちぇ~)」 っと思ったのでした(笑)。



↓日本人がSorryを沢山使ってしまうワケは…ぜひこちらもお読みくださいね。↓
アメリカで日本人がSorryを沢山使うのは○○のため


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

歴史の真実がどうあれ、今の私達がするべき事は

変わりません。楽しく幸せに生きながら魂レベルを

あげること。笑顔で天国側の言葉を使い、

周りの人に親切にすること。

~~~~~~~~


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村



ランキングしています!応援のクリック頂けると励みになります☆


《このブログでのポリシーについて》


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
雲隠されていたキネシオロジーと言霊
↓時代の雲に隠されていたキネシオロジー。21世紀に超身近な型となって表われた。個人の幸せの実現が世の中の幸せと直結する。私達は過去の記憶を生き、ライブを生きていなかった事に気づく! ************************* ↓言霊も雲に隠されていた、生きるための強力な道具だった。国語の先生より分かりやすく深く面白く、実用的に言霊の威力を教えてくれる著者。これは彼の最近の本です。
Link
Latest journals
アメリカ人気ブランド
【Banana Republic】
HISクーポン!