FC2ブログ

悪スピリットは巧妙に神のフリをする



前回、人間的な「完璧」を求め続けて暮らしていたら、知らないうちに悪スピリットのトラップにはまる、、、


と言いました。


「完璧」に関してのみならず、一生懸命に生きているつもりでも、隙を見つけては悪なるスピリット(悪霊、魔王、大魔王、サタン、サタンの残党、低級霊、動物霊《動物の霊ではない》 などともいう) 功名に私たちには入り込んでくる可能性があります。


だれにでも、です。


普段はとっても良い人で、殆どの人から尊敬されているような人も危ないのです。


なぜなら、そういう立派な人はいつも人から尊敬の目でみられ、憧れられ、褒められるつけるので、よっぽど霊的にもしっかりしていないと、自分がきづかないうちに傲慢になってしまうからです。


「傲慢」は悪スピリットの大好物です。


「褒める」側にも責任があります。褒めるのは良いことかもしれませんが、時には褒められた人の人生にマイナスになることもあります。


そして悪スピリットは巧妙に善のような顔をして、それを利用するのです。


たとえば一昔前、某有名大学出身者は、初対面の人からはいつも挨拶代わりのように「すごいですね」「優秀ですね」と付け加えられてしまっていました。
  

人は同じ事を言われ続けたら、頭にインプットされてしまいます。


傲慢にもなり我がままにもなります。入学する前からたぶんわがままに勉強しているかもしれません。(全員ではありませんよ)


すると、良いことはありません。


人からは妬まれたり、プレッシャーやストレスが人一倍だったり、馬鹿にされたりします。 上げて、落とされます。


優秀な大学にはいった事は、神からすれば、自身の幸せとともに世の中をより良くするのに役立てるツールの一つでしょうが、周りも当人もだんだん勘違いしてくるのです。


「すごい人間、できた人間、高みの人間」だと。



そこににっこり笑って来るのは、悪スピリットなのです。


好物のエサを見つけたとばかりにです。



アドラー心理学では「褒めない方が良い」といっているのも、分かる気がします。


褒める代わりに「ありがとう」というのが良いそうですが、ここでは割愛しますね。





誰にでも来ることは来る


本来は神側のものを、人間が作ったを利用して、悪スピリットは上手に巧妙に入り込んできます。


それはその人間当人にも気づかないようにです。


教祖も哲学者も僧侶も牧師も神主も、自分で修業するスピリチュアリストも、みんな入り込まれる危険性はあります。


意識して修業など普段していない一般の私たちは、言わずもがな、です。


神とサタンの契約というのがあるみたいで、人間は神のロボットでもなければ、サタンのロボットでもなく、人間は自由意志、自由選択権を頂いています。


この自由意志は、神の愛ゆえに頂けたものです。





神のフリをした悪をみぬくポイント


こういったオカルト的な話は、過敏にならないで気楽に聞いて下さいね^^


「過敏」はまた悪の好物なエサとなることがあるので。


「気楽」は神の好物っぽいです^^


これはあくまで私ハナブキテンのわずか40+∞才の経験での意見ですからね。





悪にとりつかれやすい人、翻弄されやすい人


*見た目が暗い人、考えが暗いとかネガティブな人
*身や身の周りが汚く臭くても自分は気にしていない人
*ジメっとした感じの人、またはジメっとした人とばかり付き合っている人
*怒りっぽい人、落ち込みやすい人、心配性、不平不満グチ泣き言多い人
*過去の事に執念深い人、恨みっぽい人
*うわさ話が好きな人
*プライド高い人
*弱気な人(心身に廻る気が弱くなっている人)



自分はこれだなと思ったら、一個でも意識して直したら、沢山ついていた悪スピリットの多くが離れるので、心身が軽くなってくるし良い事が起きるようになります。





神のフリをした悪をみぬくポイント


行動も何もかも見るからに悪の人は、分かりやすくて見分けるのはラクですよね。


問題は、最初は本当に神側のスピリットだったのに、巧妙にとってかわった悪スピリットです。


何度も言いますが、これはあくまで私の意見:



あなたの悩み解決に協力してくれた人、またはヒーラーさんなどで、


*綺麗な人でも暗い目の人、何か陰湿な影を感じる人
*相談に乗りながら、あなたの気持ちを揺さぶる人、翻弄する人
(たとえばヒーラーなら、あなたを霊視して、以前は右と言ったのに、あとで「実はあなたのためを思って右といったけど、本当は左が正解なんです」などと言い換えて翻弄する人
*人間関係でよくトラブっている人
*家庭や夫婦間が幸せでない人(不幸せが問題ではなく、その環境下でも他人の幸せを明るいスピリットで相談にのれるエネルギーをもつ人は少ない)
*自慢したがる人
*あなたと第三者とを比較して、いかにあなたが不運な人かを植えつけるように言う人
*ウソの多い人
*ヒーラーだったら、自分にはこんな高い霊もあんな高い霊も、または過去のあんな偉人の霊も助言してくれていると教える人
(本当にヒーリングの力がある人は、必要ならせいぜい一人の霊を参考に教えるくらいで、そんなに沢山の高級霊を教える必要性を持たない)




その人自身の暮らしぶりと、相談した人たちのその後の暮らしぶりをみて、みんな以前より幸せそうなら、神が多く関与した相談(またはヒーリング)だったのではないでしょうか。


もしその反対だったら、その相談役の人には、知らないうちに、または最初から巧妙な悪スピリットが多く関与していたと思われます。
 

低級霊やいわゆる動物霊(動物ではない)の助言でヒールするヒーラーたちも、隠れた事実を言い当てることはできるのです。


言い当てられたからと言って、すぐにその人の力を信じてはいけません。
 

本人たちも、実は低級霊や動物霊が助言してきているのに気づかないでいるのです。


気づいていたらその助言は無視し、悪スピリットを追い払うでしょう。


(誰にでも来ることは来ます。悪スピリットが今まで来た事がないという人は、たぶんいないでしょう)


低級霊や動物霊の助言でヒーリングしても、クライアントは問題解決はぜず、幸せにはなりません。


言い当てた内容で、あなたと周りを険悪にしたり、問題はもっと厄介になったりします。





なぜそのヒーラーたち当人も気づかないなんて事があるのか?


そのテのヒーラーでも、初心にかえったり真摯にやっているときは、時には高級霊といわれる神側のスピリットの助言もくるからです。


だからそのヒーラーの言葉にも、受け止めて良い言葉は時にはあるのです。


(クライアント側で判断するのが、クライアントとしての責任です)


そのヒーラーのプライベートが不幸だったりすると、クライアントに嫉妬心がわいたり、すごいといわれると傲慢になったり、認めてもらいたい欲が前面に出たりすると、悪スピリットの餌食となってしまうのです。


そういう時、そのヒーラーは気づける心霊状態ではないので、相談する側が気をつけて見抜く必要があります。


誰でも霊的能力は備わっており、ヒーラーたちは体質や、とくにその方面に興味もあったりして比較的スムーズにその能力が開いただけです。


彼らもまた私たち同様に、ヒールされるべきクライアントでもあるわけです。





巧妙な悪スピリットの餌食にならないための基本的なコツ


自分で悩みを解決できれば良いことですよね。


でも時には人に相談したくなることもあるでしょう。


しかし相談するあなたが神のフリをした悪スピリットの餌食にならないようにしたいものですよね。


これは極基本的なコツですので、参考にどうぞ!



*傲慢にならず、謙虚でいる
*謙虚といっても弱気ではなく、強気(心身に強い気を廻らせる)になる
*強気になるためには、「強気」という言葉を1日に何度も言えばよい(言霊の作用)
*身と身の周りをきれいにする。できれば明るめの装い、光物つける。
*笑顔をこころがける
*自分や人がホッとする言葉、気持ちがよくなる言葉を心がける
*他者に親切にする(別にスゴイ手伝いをやらなくても良い)
*自分の機嫌を上向きにキープするよう心がける(機嫌の悪い他者の機嫌をとろうとしない)
*ときどき瞑想して、自我をあけ渡す





個人的には、強気の言霊を1日に何度も言う、という方法は、他の多くの方法を網羅していると思っています。


あなたが、神のフリをした悪スピリットのトラップにはまらなければ、あなたの周りの大事な人も、その恩恵を受け守られますよ!






にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村



ランキングしています!応援のクリック頂けると励みになります☆


《このブログでのポリシーについて》


<変なホテル ラグーナテンボス>広告

東海地区で初、世界最先端のロボットが働くホテルが誕生。フロントでは実物の3/5サイズのお父さんティラノサウルスの恐竜ロボットに、チェックインカウンターではお母さんと子供のティラノサウルスが…



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
アメリカ関連
Latest journals
Link
Powered by FC2 BLOG

Let's start blogging!!

Powered by FC2 Blog

Display RSS link.