FC2ブログ

ルーシファーは それでも笑う (焦ってメモりますシリーズ)




ルーシファーは それでも笑う (焦ってメモりますシリーズ)


閃きシリーズですが、今回の内容はあえて「鬼退治と目醒め」のカテゴリーへ入れることにしました。


忘れないうちに、また走り書きいたします。



去年から進んでいる鬼退治(闇側の大量逮捕)、しかしルシファーはまだ笑う?


ルシファーは、3~4次元の地球人よりも、神の事をもっとよく知っている。目醒めようとする地球人を巧妙にトラップにはめようとする。


真実に気づき始めた人間、しかし ルは、最後の段階で人間に神を否定させるようにトラップを張っている。


昨年から、コロナや地震や停電の後ろで歴史的な、鬼の捕獲と退治 (地下に長い年月居座っていた地球にネガティブな生命体と、地上で悪魔に魂を売った人間たち) が進んでいる。


でも奴らの頂点に君臨するエンティティ、ルーシファーは、それでもまだ笑っている。


次のトラップが用意されているからだ。


人間に神を否定させる事、そして自分の方が力がある事を納得させたい、それがまだ可能だと見ているのだろう。




本当のピラミッドや太陽信仰が伝えたもの


エジプトのギザのピラミッドは上から見て8角形。8は日本では円を象徴する。


円は 宇宙 を表現している。


そしてトーラス、さまざまな角度の∞を示し、そのエネルギーが発動している。


ピラミッドの頂点は、宇宙の中心を示しているし、また、人間ひとりひとりの中心、魂(愛、感謝、調和、温神《あたたかみ》、宇宙とつながったエネルギー、などをもつ)を示している。


しかし ルは、そのピラミッドを、人間に横から見上げさせるようにし、あたかも頂点が一番力のある者が君臨している構図に置き換えたのだ。俗に言う ピラミッドシステム社会。


アンコールワットやストーンヘンジや前方後円墳など、世界の遺跡には、宇宙構造を表現したものが沢山ある。


しかし、例えば前方後円墳も平面図として日本人に意識させ、太陽の象徴である特別な存在、天皇が奥に鎮座し、支配者だったかように解釈するように、ルは我々を今もなお誘導している。


最近にいたっては、あたかも日本人が、‘いままで知らなかったことに気づいた、ほぼ全てに目醒めた’と勘違いするように、最後の最後までトラップを張っている。


そしてピラミッド信仰などの不思議な神々をすべて悪魔の化身だと思わせたり、太陽神やアマテラスやスサノオなどなども実は悪魔の化身だと思わせて、納得させるつもりでいるのかもしれない。


確かに大昔の人びとは、ネガティブエイリアンをも神々のカテゴリにいれていた可能性があるので、今を生きる私たちは注意して自分の責任のもと、判断しなければいけない。



pyramid1.png

↑上からみると8角形(1辺それぞれの真ん中が微妙に引っ込んでいる)

pyramid2.png

↑‘王の間’と名づけられた空間は、ピラミッドを縦割りにした対象位置に、どうもそれと同じ空間があるらしいのです。また、その二つの真ん中の上にも、同じ空間があるというのが、調査で分かったとのこと。


私が思うに、‘女王の間’も対称位置に同じものがあるのではないかなあと思っています。どうかな~


でも、もっとエライ人(または神)が頂点に君臨し支配する、という意味ではないはずです。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

走り書きみたいでごめんなさい。意味不明かもですね。



‘知らなかったことに気づいた’‘思い込みだった事に気づいた’は一つの目醒めですが、その次の目醒め、本当の覚醒へと、成長していきたいものですね。


我々の多くは、まだ眠りからうつらうつらしている段階なのかもしれません。


私は、たぶん目が醒めては、また眠り、夢の中で起きた夢を見たり(それを何度も繰り返す夢をほんとに見たことあります 笑)、そんな感じです、きっと。


しかし今日も更に一歩、それぞれが目を醒ましていきたいものですねー。(^‐^)


読者さま、感謝!




にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村



ランキングしています!応援のクリック頂けると励みになります☆
ありがとうございます!


《このブログでのポリシーについて》




スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Profile

ハナブキテン

Author:ハナブキテン
今よりもっと幸せになる、自分でできる日常のヒーリング、目醒めていく、などについて書かせて頂いております。そのなかで宇宙歴史を掘り探ったり、絵を描いたり、アメリカでの子育て失敗成功談なんかも書いています。いつも西の海を向いて日本の幸せを念じながら、魂修業する40才+∞のオバチャンです~。

カテゴリ
Monthly archive
Latest journals
私をうみ変えた著者たち
************************ ************************ ************************* 言霊のかなりマニアックな本↓ ***************************2020年になって出会えた方→ ***********************非常に興味がわく本↓
Link
Powered by FC2 BLOG

Let's start blogging!!

Powered by FC2 Blog

Display RSS link.