fc2ブログ

ワタシはほとんど死んでいる



ワタシはほとんど死んでいる



人間の意識とは、エネルギー変換によって進化をするものなんだな、と最近思う。
 

執着、固執、を手放すと、私の周波数が変わり、雑多な思いがさーっと消えていき、今までなかなか手に入れられなかった軽やかな感覚や好ましい環境が手に入ったりするのだ。




過去に、大いなる宇宙のエネルギーと同化した感覚(あれはワンネスというのだろう)になったことが3回あった。


3回目の時は、(瞑想していて)意識が自己に戻ったとき、多少の記憶喪失みたいだった。


私は誰だっけ?、、、ああ、わたしだ。、、、男とか女ってなんだっけ?、、、ああ、今世は私は女に生まれてたんだった。と我に返った。


そして夕方ごろまで、家も家具も私、家族一人一人も私、外の道路もビルも木や草も私、という感覚。


道行く知らないはずの人達も私、そしてあの人はあっちの人と同じ、そしてわたしとも同じ、という感覚で、すべてが慕わしくて仕方なかった。


だってすべてが自分なんだもの。


でも、そのうちいつもの自分に戻ってしまった。


その後しばらくは、瞑想してもそういった至福の感覚にはなることがなかった。


でも最近思い出した、そうだ、あの至福の感覚さえも手放すべきなんだ、と。


過去の喜ばしい感覚もずっと大事に抱えていたら、我になっていくので。


それを思い出して、ここ数日は、すべて手放すイメージで瞑想している。


ベッドの上で洗濯物をたたんだ直後に、ゴロンと横たわって、瞑想にはいったりすることもある。


最近は、周りの音も聞こえながら、自分の意識もありながら、時々あの至福がくることがある。


もう結構生きた、色んないいこと嫌なことがあったけど、全て完璧で完結している、冷静に全てひっくるめて、ああ、感謝だった、と感じる事ができる。


経験すべきことは、たぶん充分に経験したし、もうああいう種類の経験は十分なので、違う光の経験をして、そろそろ目醒めたい。


数年前からみれば、かなり目ざめたが、もっと目ざめよう、と。


満ちた、すべてが有る、全てを持っている、ただ私は在って在るもの。


子供も結構大きくなったし、私は、まあ、もう少し好きな絵を描いてからかなあ、、、でももういつ次の世界に行っても良いかなあ~、と思える。


並木良和さんが言うように、手荷物要らずで、身軽で軽やかに、目覚めていく。




とはいえ時々、世の中に不安を感じるとき



とはいっても、世間の最近の情報を耳にすると、気が重くなったり、うっとうしくなったりする。


でもそういうとき、ああ、この重さやうっとうしさは、この次元の特徴でもあるというから、その感覚を手放そう、と、並木さんの統合ワークをまたやってみる。


すると、サワサワと自分の感情や身のまわりのことに変化を感じる。何か変化していっている、と。


ちなみに今日は、娘の大学で今年のインフルエンザのワクチン接種が必須になったと聞き、嫌な思いになっていた。


夏休み中に、しかたなくコロナのワクチンを2度打たせたばかりなのに。人間はそんなに弱くないのに、ワクチンに依存するような世の中で、重い気もちになった。


さらには、物流がおかしくなっていて、モノが手に入りにくくなるとか価格が跳ね上がるとかのうわさがあり、そういえばコスコでトイレットペーパーを買いに行ったら無かった。それが2度も。


それでさっき他のストアで買ってきた。また気が重くなった。


でも、その感覚をまた手放した。そして思い出した。


私はこの世での経験を色々した。怖いもうれしいも感動も悲しいなどの感情も、色々。


もう十分満足した、いつ死んでもいいいかなとおもっていたんだった、と。


ワタシはほとんど死んでいる(自我を手放し、また自我ができてもまた手放し、自我のワタシはほとんど死んでいる。良い意味で)


いま生きているのは、エキストラ、おまけ。


それでこのちょっと面倒くさい時代は、サバイバルゲームだ。“上手にかわすごっこ、すり抜けごっこ、一挙に逆転劇のゲーム”だ、なんて思えた。


それならありがたく楽しもう。次に肉体もろとも死ぬまで楽しもう。


そして、


斎藤一人さんが言った、“無の神、始まりの神とは、遊びの大御神様だ”、


並木良和さんが言った、“源(大元神)はとにかく経験したいエネルギー存在


羽賀ヒカルさんの師匠(北極老人)が言った、“無の神、始まりの神とは、温神(あたたかみ)


という言葉がよみがえった。



―― で、次男と一緒に買い物に行ったのだけど、彼がターゲット(ストア)で食用オイルを入れるノズルのついたボトルがほしいというので、そこにも行った。


そしてキッチン用品を見ていた時だ。


とつぜん、並木良和さんの温かな感覚が体に同化したかのようになった。あったかかった。


闇と反対の光ではなく、上にある本来の光に戻ろうよ。目ざめるんでしょ?あなたの役割はこの世界で楽しむこと。そういう波動を出すこと。


という思いが湧いてきたのだ。


並木さんの統合ワークに感謝しているとはいえ、見えない世界やエネルギーの影響などを知っているとはいえ、こういうときはあえて懐疑的になってみる。


これはただの思い込み、またはただふっと彼を思い出しただけか?と。


思い込みで感動したりするの好きではないので。




共通のハイヤーセルフが関わっていても不思議ではない


そこでふと思った。


全ての存在は一つなので、共通のハイヤーセルフが何人もの人達に関わっているだろう。


並木さんと共通のハイヤーセルフがサポートしているのかもしれない、と。


たとえばアマテラスだったら、数え切れないほどの日本人(ばかりではないかもしれない)をサポートしているだろうし。


(また、人間一人に関わるハイヤーセルフも複数で、ハイヤーセルフのハイヤーセルフ、そのまた、、、といるらしい。)


ハイヤーセルフはその呼び名のごとく、“より高い次元の自分自身”。


幾人もの人が共通の存在からサポートを受けていても不思議ではない。皆一つなのだから。


不安や重たい気分は手放し、軽やかに今の時代を生きる。この世はゲームと、斎藤さんも並木さんも言っている。


ふざけたゲームではないけど、深刻なゲームにしてはいけない。


真剣は良くても深刻はよろしくない、闇(の自分)の思うつぼになり、目ざめをさまたげるから。


ワタシはほぼ死んでいる、というか過去に何度か死んでいる。自我の死だ。エゴの死だ。


自分の幸せのためはもちろん、周りにポジティブなエネルギーを注ぎたい、もしまだ生きているのなら。


もしまだ生きるつもりなら、本来の自分に近い状態で生きたい。



我々は大丈夫、自我を手放し、本来の自分に一致し(統合し)、今回に目ざめを選んだ人は目ざめていく。


眠りを選んだ人は次回かそのまた次に目ざめていく。


いずれみんなが、本来の自分が誰だったか、を思い出す。




にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村




ランキングしています!応援のクリック頂けると励みになります☆
ありがとうございます!


《このブログでのポリシーについて》




スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Profile

ハナブキテン

Author:ハナブキテン
今よりもっと幸せになる、自分でできる日常のヒーリング、目醒めていく、などについて書かせて頂いております。そのなかで宇宙歴史を掘り探ったり、絵を描いたり、アメリカでの子育て失敗成功談なんかも書いています。いつも西の海を向いて日本の幸せを念じながら、魂修業する40才+∞のオバチャマです~。

カテゴリ
フリーエリア
Monthly archive
Latest journals
Latest comments
私をうみ変えた著者たち
************************** ************************** ************************** *************************
Link
Powered by FC2 BLOG

Let's start blogging!!

Powered by FC2 Blog

Display RSS link.